徳島の旅 神山町 ① | 水上繭子*表千家茶道・大人になったら始めたい いのち目覚める暮らし教室・植物療法ジェモセラピスト

テーマ:
一か月前の3月に徳島へ行ってきましたので、遅ればせながら、ブログにアップしたいと思います。



数年前に家族で四国旅行をしましたが、寝台特急のサンライズ瀬戸で香川に入り、徳島は通過して高知、愛媛を周りました。

徳島は、私の最初の茶道の先生の故郷で、先生は材木屋さんのお嬢さんでした。お稽古しながら、よく徳島の話を聞いていたので、私にとってもいつか訪れたい場所でした。

春分の日を境に、いろいろと変化が起きるきっかけになっていたかもしれません。末っ子の中学の卒業式の翌日に出かけました。



 

中学高校の同級生Kちゃんと、3年前に湯河原で催された、佐藤初女さんのお料理教室以来の旅です。

 

Kちゃんを少しご紹介しますと、3人姉兄の末っ子で東京育ち。第一子で神奈川県の田舎育ちの私は、中学の時から、さまざまに刺激を受けてきました。

部活、友達関係、恋愛、家族、進路、受験、仕事、結婚・・・・いつもテーマは様々でしたが、どのテーマにおいても少なからず私に影響を与えてきた友人です(笑)。

 

その彼女と1泊の「徳島女神ツアー」という不思議なツアーに参加できることになり、せっかくなので二人で前泊して神山町へ行こうということになりました。


私の旅行はいつもそうなのですが、たいてい相棒がこまごまと調べてくれます。本当にありがたいことです。




{10D9C080-C4C9-4F7F-B9F1-502C6E3E8E9A}
こんな感じの山に囲まれた神山町の景色


{1E47A55C-3547-496C-8EAB-36AECB6DEE5D}
桜がちらほら春を感じますが、まだ寒いです。


{06846433-D4C3-4523-A9DE-749A955DED45}


{F39CE5EF-B9DD-4F5D-AF4B-DDC9618F2565}


{03D59C54-DAD2-46E3-835C-3720EE1B69AA}


さて、神山町をご存じですか?


徳島駅からバスで1時間の山あいにある町で、“創造的過疎”として地方再生にチャレンジしています。人口は約5700人。


目白キャンパスしかなく、総合大学でありながらコンパクトな学習院大学の学生在籍数は約8700人。毎年入れ替わっていてもキャンパス内で見かける顔の半数はなんとなくわかりますから、神山町の皆さんはたいてい顔見知りの関係だと思います。

 

 

「国や県の補助に頼る事なく対等な立場で移住を促進させる」


「町に仕事がなければ、仕事を持っている人を町に呼べばいい」


「本物しか受け入れない」


という姿勢で、町を活性化させる人材を集めてきたそうです。


インターネット環境が整備されると、都会の人たちが移住しはじめ、IT企業や映像会社、デザイン会社など場所に囚われる必要のない会社がサテライトオフィスを開設するようになり、アーティストやクリエイターが住み、商店街にはしゃれた店があります。


センスのよい町であることが、そのセンスを保つフィルターになっているようです。

 


「創造的過疎とは、過疎化を受け容れる一方で、外部から若者やクリエーティブな人たちを招き入れることにより、人口構造を変化させ、働く場としての価値を高め、持続可能な地域を作り出すこと(NPO法人グリーンバレー理事長 大南信也氏)」

 


夏休みの旅行にもおススメです。


社会科見学や夏休みのレポート題材も豊富で、そんなことを考えなくても単純にとにかく自然が豊かで、食事が美味しくて、ポツリポツリとおしゃれな店があって、回ってみたいスポットもいろいろあって、町の方たちが親切です。

 

私たちの旅の記録を簡単にご紹介したいと思います。


→つづく


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


いのち目覚めるくらし・ごはん教室

 

2018年4月24日(火)

10時30分〜13時30分

『春のアーユルヴェーダ料理』


2018年4月26日(木)

10時30分〜13時30分

『春のイタリアン』



表千家茶道教室

4月9日、16日、23日(月)
14日、21日、28日(土)




 


 




 

水上繭子 暮らしをより上質なものにさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります