シンプルで美しい日本のお御堂と8角錐の天窓 | 水上繭子*表千家茶道・大人になったら始めたい いのち目覚める暮らし教室・植物療法ジェモセラピスト

テーマ:
明日はキリストの復活祭です。

今日は、中1時代からの同級生のお誘いで、神父様のお話を聞きに行ってきました。

そのお御堂のあまりの美しさに深く息を吸い込みました。

ネットニュースで見た、天皇陛下のおもてなしを思い出します。

サウジアラビアの副皇太子をお招きした時の、皇居の室礼のシンプルさに、海外の方々が感嘆したというニュースでした。

装飾や調度品は一切なく、清潔に清められた空間に、柔らかい障子ごしの光と花が生けてあるだけです。



{8C46D943-0CDC-4F56-8D76-08CEB675296E}

光に包まれた空間を、うまく撮影できていないのが残念です。


欧米の教会は石で建てられ、ステンドグラスで外界からは遮断されています。

自然界に神を見る日本人の宗教観とは、異なるからです。

作家 遠藤周作氏と親交の深かった井上洋治神父様は、日本人にキリスト教を深めるには、紫陽花寺のような自然と共にある神への祈りの場が必要だ、という活動をされていました。

そんなことも意識されたのでしょうか。

美しい木製の格子
祭壇の背後には
緑が一面に見える一面のガラス窓
ガラス窓の遮光には障子

柔らかい光が差し込む、気持ちのよいお御堂。



お茶室と同じ空気を感じます。

こんなところで、お茶を点ててみたい。



見上げると8角錐の天窓から、天からの光が射してきます。


{C67985D1-3E6E-4E40-A132-80D567D78D98}

COCOON8の8でもありますが、この8は、マタイ伝5章の「幸いなるもの」に由来しているそうです。


①幸いなるかな心の貧しき者、天国はその人のものなり。

②幸いなるかな悲しむ者、その人は慰められん。

③幸いなるかな柔和なる者、その人は地を嗣がん。

④幸いなるかな義に飢え渇く者、その人は飽くことを得ん。

⑤幸いなるかな憐れみある者、その人は憐れみを得ん。

⑥幸いなるかな心の清き者、その人は神を見ん。

⑦幸いなるかな平和ならしむる者、その人は神の子ととなえられん。

⑧幸いなるかな義のために責められたる者、天国はその人のものなり。

わがために人なんじらをののしり、また責め、偽りてさまざまの悪しきことを言う時は、汝ら幸いなり、

喜び喜べ、天にて汝らの報いは大いなり、汝らよりさきにありし予言者たちをも斯(カ)く責めたりき。



‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


いのち目覚めるくらし・ごはん教室

 

2018年4月24日(火)

10時30分〜13時30分

『春のアーユルヴェーダ料理』


2018年4月26日(木)

10時30分〜13時30分

『春のイタリアン』



表千家茶道教室

4月9日、16日、23日(月)
14日、21日、28日(土)



植物時間  ハーブの寄せ植え
4月16日(月)14時〜16時




 


 





水上繭子 暮らしをより上質なものにさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります