お花は、子孫(種)を作るために
蝶や ミツバチを呼ぶ。


蜂さん、蝶々さん
私の花粉のベッドで休んでいかない?

私、いい匂いでしょ?
綺麗な色でしょ?
ちょっと止まってみたいと思わない?
ちょっと触ってみたいと思わない?
気持ちいいのよ、花びらのお布団は
おひさまの匂いもして
ふわふわなんだから。



そんなお花たち。
明美さんに会うと
一つ一つのお花が
本当にかわいい女の子に
見えてきます。

その妖精たちが
男性にも女性にも、
生命力を与えるのですよ。


綺麗だなあ

かわいいなあ

いい匂いだなあ

ただ、そんなふうに感じるだけ。


感じるだけなんだけど
お花はただそこにあるだけなんだけど

あんまり嬉しくて
あんまり切なくて

誰かに話したくなる

神様に
恋人に
友達に
家族に


土に生きてる花をもいだらかわいそうで
山に見える花には手が届かなくて

だから
その気持ちを

言うための葉っぱが生えてきた。


それが   言葉。


そんな時間が植物時間。

子どもも大人も
男性も女性も

みんな きっと 
言いたい葉っぱが生えてくるよ🌱





お申し込みはこちらへ


表千家茶道教室
いのち目覚めるくらし・ごはん教室
植物療法カウンセリング
ジェモセラピスト講座

{40833CE4-E722-4B9C-B879-2E0664DBD01E}