テーマ:

茶道教室の生徒さんが、表千家不審庵の夏の短期講習会に参加されました。


もともと熱心にお稽古される生徒さんでしたが、お家元での教えと講習会のお仲間に刺激を受けられたようで、最近さらにお茶に目を輝かせるようになりました。


道具やお菓子や点前への疑問や質問も鋭くなり、ご自分でも関心をもって調べているようです。


私自身、疑問に思ったこともないような質問を投げかけられ、思わずうなって考えてしまうことがありますが、その様子に、25年前の私自身を見るような時があります。


私も短期講習会の後は、先生に

「面白いこと考えるのね。考えたことなかったけど、そうね、どうしてかしらね。」

などと言われながら、先生とお茶の話が一緒にできるのが嬉しくてしかたのなかった頃だったような気がします。

 

私の先生は、当時はもう亡くなられた、ご自分の先生の話をよくしてくださいました。


そのお気持ちがいま、少しわかります。


自分がお弟子さんに教えていると、教わっていた時の自分と先生がオーバーラップするのです。


子育てや社会での後進育成も同じかもしれません。

「私の先生はね・・・・」

「ママも小さい頃、お父さんにね・・・・」

「俺がお前の頃、お世話になった上司に・・・・・」

なんていう、忘れられない思い出や出来事があったりするものです。



 

2000年に書かれた、少し前のものですが、お茶の稽古あるある話が満載な楽しい本があります。



{E0CB4271-2548-4385-B2B0-7246A6674EC0}


『ひよっこ茶人、茶会へまいる。』



 

その中に、先生自慢についてのアンケート記事が書かれていました。

 

 

「ひよっこ茶人155人に聞きました~わたしたちの先生自慢~」

 

・すべてのお点前が完璧に頭に入っており、たとえよそ見をしていても気配で弟子の動きの誤りがわかる。


・弟子を教育するための苦労は厭わず、献身的にお稽古をつけてくださる。


・とにかくお茶を愛している。その心が言葉の端々から伝わってくる。


・弟子の失敗で恥をかくことも泥をかぶることも恐れない大きな心をお持ちです。


・お稽古やお茶会など多忙なはずだが、パワフルに茶三昧の日々を送っている。


・高齢にもかかわらず考え方は柔軟。おきゃんな少女のような方。


・たいへんな博識で、どんな質問にもはっきりと答えてくださる。わからなかったときには、きちんと調べてきて教えてくださる。


・金銭的な負担が弟子にかからないよう気遣ってくださるところ。


・好奇心旺盛で研究熱心。限りない向上心に脱帽します。


・何度同じことを聞いても嫌な顔をせず、何度失敗しても怒らない。


・優れた人格者。「お茶をどうぞ」と言われただけで、全存在を受け入れてもらったような気持ちになれる。誰もが先生とともにお茶を続けたいと願っている。


・ひとには寛容だが自分に厳しい。お稽古もお茶会も中途半端なことは決してない。


・お茶の先生としてはもちろんですが、人生の師と仰いでいます。辛苦に満ちた人生をあっけらかんと話され、若いわたしたちに元気を与えてくれます。


・信じられないほどマルチな先生。お点前以外にも学ぶことがたくさんある。


・教え上手。ユーモアを忘れず、楽しいお稽古を演出してくださる。お茶は楽しいのが一番だというお考え。


・頭が柔らかい。発想が豊か。お稽古にも様々に趣向を凝らしてくださる。


・真の侘び茶を実践している。暮らしぶりはとても質素。


・上品で美しい。自慢話はせず、励まし上手。


・愛にあふれている。分け隔てなく弟子を大切にしてくれる。


・この先生に出会わなければお茶を続けていなかった。無名でありながら茶の湯の心意気がある強いひと。茶道の芸術家でもあると思う。


・何につけてもそりゃもう最高。


・今、日本で一番尊敬に値するお茶人

 

 

私の先生を思い浮かべる時、どの項目にも、うんうんと頷きます。

「みんなの先生もそうなんだ、私の先生もそうだった」というような気分です。

 

先生としての私自身を振り返ると、「ああ、まだまだだ。」と思うことばかりです。

生徒さんのためにも「よし、頑張ろう」と思います。

 

小さい頃や若い頃は、親や学校の先生、先輩に褒められたり、認められたりするのが嬉しくて、その嬉しさを原動力に頑張っていたような気がします。


でも、こうして大人になってみると、私のもとに生まれてきてくれた子どもたちやお教室に通ってくださる生徒さんに、できる限りのことをしてあげたい、という気持ちが向上心になります。


大人になってからわかる、親の気持ち、先生の教え、先輩のありがたみがあります。


何かを学ぶ時、

それに向かって見上げて追いかけている時の景色と

まっすぐに向いあっている時の景色と

それを振り返った時の景色は

どれも違っていて、

ぐるりと回ってまた初心に帰るような感覚です。

 


先ほどの本に、こんな一言がありました。

 

先生はいつも自らの行動と生き様で弟子を育てていくものだと思うのだ。

 

結局、教育者も会社経営者なども、みな、そういうものなのかもしれません。


今なお私が憧れる先生方は皆さん、その姿勢と生き様が凛々しくて眩しい。


一方、私自身の日々の悩みは尽きませんが、人を育てるということは、一生懸命生きていくしかないのだな、と思います。



表千家茶道教室へのお問い合わせはこちらへ


ビジネス茶道についてはこちらへ


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



 

表千家茶道教室(下北沢)

初心者・経験者・体験・男性やお子様・どなたもお稽古できます

 

日本の風土に合わせたアーユルヴェーダ教室

いのちが目覚める料理講座

ホリスティックホームケア講座

  

ジェモセラピーカウンセリング

ジェモセラピーセラピスト講座はこちらへ


LINE@で簡単カウンセリング、ジェモご注文、ご質問、ご感想を受付中。
食生活や食材のアドバイス
子育てお助けジェモレメディーのご提案など。

友だち追加

 

COCOON会員限定サービス

・内側の静寂を取り戻すイヤーコーニング




 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

水上繭子 暮らしをより上質なものにさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります