おおた相談支援センターでの月に一度の料理教室。

精神神経系の疾患のための治療をしながら、社会復帰へのトレーニング施設なので、薬の影響で眠い方、普段、自炊する方しない方、食費にかける費用など、様々だと思います。

普段の食生活に役立つような献立や、機会がないとなかなか自分では食べない献立などを考えるようにしています。


いつも、ごはんと汁物が中心の献立でしたが、今回は冷やし中華にしてみました。

麺はライスパスタです。

タレも市販のものではなく、シンプルに作ります。

「簡単にタレが出来るんですね」と喜んでいただきました。


{41C91611-BC11-47F9-96C7-C8B627B01AD8}

こうして、皆さんで協力して作る時が、一番楽しく感じます。

1人がとても綺麗に盛り付けても、他の人が思ったようにしないかもしれません。

声をかけあったり、思い通りにすることを手放したり‥いろんなことが必要になりますね。

家族とか、職場とか、共同生活は、そこがストレスになることもありますが、そこが楽しいところでもあります。

私もそうです。



黄色い卵に見えるものは、実はお豆腐。

ターメリックと塩で炒ってます。

{BA132214-8B76-4C67-84E0-4712CA73F819}

スープには、鶏肉団子を入れました。

普段は、お肉は使わない献立ですが、一番消化に優しい動物性の鶏肉をスープにしてみました。

お昼の時間が一番、消化力が高いので、お肉を食べるなら、お昼が一番です。



出張料理教室も、受付けています。

お気軽にお問い合わせくださいませ。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

水上繭子 暮らしをより上質なものにさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります