テーマ:
10年ほど前の誕生日のこと。

珍しく夫が、「何が欲しい?」と聞いてきた。

私は「特にない」という意味で、「イエローダイヤモンドの指輪以外はいらないよ。」と答えた。

夫はリクエストが出たことに張り切って「じゃあ、見にいこう!」と、数日後、知り合いのお店を訪ねた。

イエローダイヤモンドの指輪を見て、夫は0の数多くにびっくりしていた。

「どうする?どれにする?本当に欲しい?」と少々困惑気味‥。

私は元々、イエローダイヤモンドを買うつもりではなかったので、ずっと気になっていたネックレスを持っていっていた。

私が若い頃、独り身で子どものいなかった叔父が出張で中国や香港へいった時にお土産に買ってくれたものだった。

スタールビーとスターサファイヤと言っていた。

私は思春期の頃、親に反抗してプチ家出をする時は、叔父をよく頼って泊めてもらったり、合宿代を借りたりしていた。

その叔父は、私が大学生の時に突然倒れて亡くなってしまった。

思い出のネックレスは、留め具のデザインやチェーンが垢抜けなくて、大人になった私には使えなくなっていた。

それを指輪にリフォームして貰おうと思っていたのだ。

夫はかなりホッとした様子。

「そうだね、そうしたらいいね。」と。

早速、鑑定をしてもらうと‥

本物かどうかはわからないとのこと。

でも、私にとって、そのネックレスは本物かどうかは問題でなく、叔父との思い出の品だったので、使えるようにリフォームできればよかった。


{733EC869-A189-4A80-A012-155129CD95FE}

{D994AB1B-8EE9-4430-A5CC-AB881D2D64BD}

リングのデザインを選んで、今は、こんな素敵な指輪に生まれ変わってくれている。


気がつけば、私はいつの間にか、叔父が亡くなった頃の年になっていた。

無念だっただろうな、と思う。

もっと、たくさんしたいこと、会いたい人、行きたいところがあっただろうなと。

叔父さん、我が儘勝手な私が訪ねた時、いつも黙って助けてくれてありがとう。

私はそんな大人になれているかな。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

リフォームでお世話になったLIVONさん。

リフォーム相談会があるそうなので、もしご興味がある方がいらしたら是非。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)