テーマ:
私の好きなお話。

欠けていてもいいんだよ、ではなく

欠けているみたいに見えるところは、本当は君の魅力で

それが誰かを幸せにしているよ、ほら。

ってとこが好き。

私も、種をまく人になりたいと思うけれど、なかなかどうして、簡単ではないのだ。

特に身内には、ね。


作者不詳。

‥‥‥‥《ひび割れ壷》‥‥‥‥‥‥

インドのある水汲み人足は二つの壷を持っていた。

天秤棒の両端に壷をさげ、首の後ろに天秤棒をかけて水を運ぶ。

その壷の1つにはひびが入っていて、片方の完璧な壷が小川からご主人様の家まで1滴の水もこぼさないのに、ひび割れ壷は、ご主人様の家に着く頃には半分になっている。

完璧な壷は、いつも自分を誇りに思っていた。

なぜなら、彼が作られたその本来の目的をいつも達成できていたから。


2年が過ぎ、すっかり惨めになっていたひび割れ壷は、ある日、川のほとりで水汲み人足に話しかけた。

「私は恥ずかしい。そして、あなたにすまないと思っている。」

「なぜそんなふうに思うの?」

水汲み人足は尋ねた。

「この2年間、私はこのひび割れのせいで、あなたのご主人様の家まで水を半分しか運べなかった。水が漏れてしまうから、あなたがどんなに努力をしても、その努力が報われることがない。私はそれがつらい。」

そう壷は言った。

水汲み人足は、ひび割れ壷に言った。

「これからご主人様の家に帰る途中、道端に咲いているきれいな花を見てごらん」

そして、翌日

「道端の花に気づいたかい?花が君の側にしか咲いていないのに気づいたかい?

僕は君からこぼれ落ちる水に気づいて、君が通る側に花な種をまいたんだ。

そして、君は毎日、僕が小川からご主人様の家に行く途中、水をまいてくれた。

この2年間、僕は、ご主人様の食卓に花を欠かしたことがない。

君が君じゃなかったら、ご主人様はこの美しい花で家を飾ることができなかっただろうね。」

{5EEB7616-3DC5-45B5-83D3-262BE9BA1856}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)