クリックのご協力お願いしますお願い

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

 


血統理論ランキング

 

 

京成杯オータムハンデキャップの過去10年を振り返って見て配当的にはハンデ戦の割りにはそこまで荒れてないなという印象です。

2009年に14番人気のアップドラフトが2着にきて馬連35760円。
2015年が過去10年で1番荒れていて13番人気、11番人気、7番人気の順番で決まり三連単2227820円の大波乱でした。
 

ただ基本的には1番人気、2番人気が強い不思議なハンデ戦なんで過度な人気薄を期待するのは危険なレースかなと思います。

騎手でこのレース得意な田辺騎手なんですが現状騎乗馬がいない状況なんで中山芝1600メートルを得意とする騎手を探していきます。

2016年以降中山芝1600メートルで調べて見て勝率、複勝率は無視して馬券の肝である回収率をもとに挙げると1番単勝回収率が高いのがシュタルケ騎手なんですがいないんで丸田騎手、柴山騎手、丸山騎手、大野騎手、田辺騎手までが回収率100%越えてました。

丸田騎手は200%越えてました。
今回の京成杯オータムハンデでこの上位の騎手で乗るのは丸山騎手レインボーフラッグ、大野騎手ストーミーシーです。

ストーミーシーは中1週で出て来たらそれなりに人気集めるとは思いますが近走の堅実な末脚は不気味なんで候補にいれたいですね。
レインボーフラッグは人気薄ですが丸山騎手の一発に期待ですね。

過去32レース、東京、京都、阪神、中京、新潟、小倉競馬場と走っていて中山芝は初めてなんで初コースが噛み合ったら面白いですハンデ戦だし来てもおかしくないですね。

人気ある馬が強いレースなんで現段階の予想オッズからみていきたいと思います。

1番人気馬はグルーヴィットかクリノガウディーのどちらがなりそうです。
前走の中京記念での1,2着馬で着差もハナ差です。
軸馬を選ぶならこのどちらかかなと思い2頭を分析したいと思います。
 

前走の中京記念を見るとグルーヴィットが3コーナー付近からプリモシーンを捕まえに動いてそれを見るようにクリノガウディーが後ろをついていく展開でした。
直線はプリモシーン、グルーヴィット、クリノガウディーの叩き合いをグルーヴィットがハナ差で凌ぎました。

このレースを見て個人的にはグルーヴィットを見て競馬出来たクリノガウディーが有利な展開だったにも関わらずグルーヴィットがハナ差とはいえ勝ってるのはかなり評価出来ると思います。

前走に関してはグルーヴィットの方が強かったと思います。
ただ過去5年中山芝1600メートルの成績で回収率1番良かったのがスクリーンヒーロー産駒なんです。

単勝回収率は340%,複勝率も115%とかなり優秀です。
血統的にクリノガウディーなんで最後は騎手で見てみたいと思います。
クリノガウディーの戸崎圭太騎手はエクセラントカーブで2013年に勝っています。

2016年カフェブリリアント、去年ワントゥワンで2着してるし中山競馬場にも乗り慣れていて中山マイルに不安はないと思われますグルーヴィットの松山騎手を調べたところ中山芝1600メートル云々より中山競馬場での騎乗数じたいが少ないです。

今年が11回、去年が10回騎乗なんで中山競馬場でほとんど乗らない騎手なんで、騎手的には戸崎圭太騎手を取りたいとおもいます。
 

ただ松山騎手もカツジでニュージーランドTを去年勝ってるし、2000メートルですが皐月賞も勝ってるんで中山にそこまで不安はないんですが、ホームの利で戸崎圭太騎手にしました。

なので軸にするならクリノガウディーを軸にするのがデータ的にはお薦めできるかなと思います。
後はグルーヴィット、中穴ストーミーシー、大穴レインボーフラッグを推奨したいと思います。
 
 

 

≪PR≫

LINEの友達登録宜しくねウインク

LINE

 

今週の競馬予想

右矢印 ここでチェック!

 

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村