1 稲垣啓太 パナソニック 17
2 堀江翔太 パナソニック 53
3 具 智元 ホンダ -
4 ヴィンピー・ファンデルヴァルト NTTドコモ 1
5 眞壁伸弥 サントリー 34
6 姫野和樹 トヨタ自動車 1
7 リーチマイケル 東芝 51
8 アマナキ・レレイ・マフィ NTTコム 17
9 田中史朗 パナソニック 62
10 田村 優 キヤノン 46
11 福岡堅樹 パナソニック 23
12 立川理道 クボタ 52
13 ラファエレ ティモシー コカコーラ 6
14 レメキ ロマノ ラヴァ ホンダ 3
15 松島幸太朗 サントリー 26

《リザーブ》

16 坂手淳史 パナソニック 9
17 石原慎太郎 サントリー 6
18 ヴァル アサエリ愛 パナソニック 1
19 布巻峻介 パナソニック 4
20 フェツアニ・ラウタイミ トヨタ自動車 1
21 流  大  サントリー 7
22 シオネ・テアウパ クボタ 1
23 藤田慶和 パナソニック 29

前回のオーストラリア戦よりはまともなメンバー。
ファンデルヴァルトは確かに前回よかったし。
先発の総キャップ数は392。
エディさんの持論の600の3分の2。
テストマッチはこのあと来年の春、秋、再来年春しかない。
いいところ10試合か。
このメンバーでずっと行ったとしてもキャップは450。
というか、この15人全員が2年後ワールドカップで先発するとは
到底思えない。
ベテランが復活するか、新しい選手に入れ替わるか。
いずれにしても厳しいなあ。
キャップ数の多い経験者でも、堀江、真壁、田村、立川が
まともに動けるか心配。堀江、立川はオーストラリア戦で機能していなかった。
今季はトップリーグでもぱっとしない。あと2年持つか?持ち直すか?
真壁は出れば仕事はするが怪我に弱い。
田村はいいところも見せるが、余計な、無駄なプレーが多く、
指令塔としては疑問が残る。
田中もオーストラリア戦はよくなかった。世界選抜戦ではいい仕事をしていたが。
安定しているのは稲垣、リーチ、マフィ、福岡、松島くらいか。
リザーブで期待できるのはヴァル、布巻、テアウバ、藤田か。
あと2年、、、どう考えても1年は出遅れた。

さてトンガ戦。
トンガの試合はワールドカップ出場決定の試合のダイジェストでしか見ていないので、
なんともいえない。バーバリアンズには負けたようだが、、、
(オーストラリアの試合はテストマッチやザチャンピオンシップなどでよく見ていた。
それもあって?トライ数9-3を的中させた)

まあしかし、予選を勝ち抜いてきたばかり、ということで、
チームの完成度は高いことが予想できる。
簡単に勝てる相手ではない。
いやそれどころか、負ける可能性のほうが高いだろう。

日本代表はオーストラリア戦よりはトライが取れると思う。
バックスで2か3、フォワードでも2つか3つ。
つまり4ないし6トライは取れると期待する。
ディフェンスがわからない。トンガの攻めが。
失トライを3つ程度に出来れば日本快勝、ということになろうが、
止められるかどうか。

トンガ5トライ、日本代表4トライかなあ。

トンガ33-29日本代表 

と、またはずれてほしい予想。
でも今の日本代表の不安定さを考えると、こんなものかも。

三上、木津、畠山、山下、ブロードハースト、ツイ、
日和佐、小野、山田、マレ・サウ、ヘスケス、五郎丸の2015年ワールドカップ組。
そして茂野、山沢。
このあたりが出てこないとなあ。
AD