mayuの上原彩子さんと浦和レッズと音楽 ブログ

mayuの上原彩子さんと浦和レッズと音楽 ブログ

上原彩子さんと浦和レッドダイヤモンズ(三菱時代から29年目のサポです)と音楽をこよなく愛するブログ

上原彩子さん、2013年にUSLPGA参戦の目標を見事に達成されました(^O^)
海外メジャー制覇の目標に向かって、邁進されますことを、期待しておりますo(^-^)o
「いいね!」いつも、ありがとうございます!

昨年の署名分と併せて、11月3日までに浦和事務所へ署名提出に行きます。

 
立花、中村修三 解任にご賛同頂ける方、下記へメールをご送信宜しくお願い致します。
①ご氏名②メッセージのみで可です。
 
mikahakkinen20031117@yahoo.ne.jpです。

秋葉忠宏ナショナルコーチングスタッフ 契約期間満了のお知らせ|JFA|公益財団法人日本サッカー協会
http://www.jfa.jp/national_team/mens_all_2019/news/00023177/

 

2020年1月1日に国立競技場で開催を予定している天皇杯決勝のチケット販売概要が発表になった。

 先行販売は11月13日11時より開始。チケットJFA(http://ticket.jfa.or.jp)でのみの受付となり、抽選制で実施される。一般販売は12月14日10時より先着順となる。

 チケットの最高額はラウンジ付シートで3万5000円。テーブル付シート3名掛けが2万4000円、テーブル付シート2名掛けが1万6000円となる。これらは前売りのみの販売となる。

個人席となるSS指定席は9000円。S指定席7500円、SA席6000円、SB席5000円と続く。自由席は一般3500円、高校生2500円、小中学生1500円。当日券販売がある場合は、500円上乗せされる。

 決勝は新国立競技場を使ったスポーツイベントは初となることから、注目度の高い一戦となることは確実だ。試合はデーゲームを予定している。

 天皇杯決勝に進む可能性があるのは、現在8チームに絞られている。今月23日には準々決勝を開催する予定でいる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-43472996-gekisaka-socc

 

「戦争に行くんだぞ!?」“闘将”ロイ・キーン、試合前にハグとキスをするマンU戦士たちにキレる

「選手たちには心底ムカつくね。これから戦争に行くんだぞ? それなのにハグやキスをしている。
本来なら相手を見ることさえしちゃいけない。彼らと戦争に行くんだからね」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191021-00065612-sdigestw-socc

 

浦和の大槻監督、ACL準決勝前日会見で“大人対応” 決勝進出へ「バランス」強調
10/22(火) 19:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191022-00224814-soccermzw-socc

また、会見の最中には中国メディアから「レッズの7番(MF長澤和輝)がファウルが多い。細かいことをする。これは個人の特徴か、戦術か」という質問が飛んだ。
これをさらに英語通訳が「マキノ……」と訳すハプニングもあったが、

 

(監督に質問です。レッズの7番の選手(長澤和輝)がよくルール違反をして相手にいろいろな細かいことをやるが、これは7番の選手の個人としての特長なのか、チームとしての戦術なのか?)
大槻 毅監督
「悪いことをしたかどうかを決めるのはレフェリーなので、
僕は決められません。レフェリーの笛が鳴ればそれはルール上ファウルですし、
笛が鳴らなければファウルではありません。そういったところに対していろいろな思惑があったり、
主観が入るのがフットボールのゲームですから、
あなたがそう思うのであれば、そうだと思いますが、
僕のチームにいる選手はそういった選手ではなくて、
常に勇敢に戦う選手だと思います」

 

浦和の大槻監督、ACL準決勝前日会見で“大人対応” 決勝進出へ「バランス」強調
https://www.football-zone.net/archives/224814

浦和FW興梠、敵地ACL準決勝でクラブ初の“中国初勝利”に自信 
「0-0で続ければ…」

https://www.football-zone.net/archives/224806

ACL決勝へ、浦和助っ人FWが語る広州恒大の“攻略法” 
「相手の勢いを利用するべき」

https://www.football-zone.net/archives/224723

浦和MF長澤、ACL準決勝第2戦へ漲る気迫 
「浦和の、日本のプライドを懸けて負けられない」

https://www.football-zone.net/archives/224697

 

「何ができるか」 浦和の主将MF柏木、“完全アウェー”の敵地ACL準決勝出場へ意欲
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191023-00224902-soccermzw-socc

これが6900回目の浦和絡みの投稿記事らしい爆弾

 

昨年の署名分と併せて、11月3日までに浦和事務所へ署名提出に行きます。

 
立花、中村修三 解任にご賛同頂ける方、下記へメールをご送信宜しくお願い致します。
①ご氏名②メッセージのみで可です。
 
mikahakkinen20031117@yahoo.ne.jpです。

<ラグビーW杯>埼スタが“ラグビー場”に 初めてのPV開催、4千人超が掛け声「ニッポン、ニッポン」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00010002-saitama-spo

 

2021年のクラブW杯は中国で 国際サッカー連盟理事会で承認へ
10/21(月) 14:42配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00000056-kyodonews-socc

 

サッカーのクラブワールドカップ(W杯)が改編される2021年大会の開催地が中国となる見通しであると20日、AP通信が報じた。24日に上海で行われる国際サッカー連盟(FIFA)理事会で承認されるという。

 19、20年のクラブW杯はカタールで開催され、7チームが参加する現行方式で実施。21年から24チームが参加し、4年に1度行う方式に変わる。

 

FIFAクラブランキングの類のポイントによる出場になりそう
ACLに出ないとそのランキングに載ることは不可能とはいえ
一方費用対効果が悪くACLを捨てる理由が増える

提案された24クラブの内訳は、以下の通り。
 UEFA(ヨーロッパ):12クラブ
 CONMEBOL(南米):4~5クラブ
 AFC(アジア):2クラブ
 CAF(アフリカ):2クラブ
 CONCACAF(北中米):2クラブ
 OFC(オセアニア):0~1クラブ
 開催国:1クラブ

 

TBSは21日、映像の不適切な加工を施し放送していた『消えた天才』と、爬虫類ハンター企画で、計15種類の生物を事前に準備し、捕獲シーンを撮影していた『クレイジージャーニー』(両番組ともに一時休止中)の2つの番組について、番組を終了することを発表した。

 『消えた天才』は、野球の試合映像を早回しすることで実際の投球よりも球速が速く見えるようにするなど、映像の不適切な加工が4件あったことを9月5日に公表し謝罪。

 この日、サイトでは「その後も、同様の加工がなかったか、全26回の放送内容を精査し、スタッフへのヒアリングを行うなどの調査を行いましたが、他には確認されませんでした」と報告し
「私どもは、改めて、これらの不適切な加工で視聴者の皆様の信頼を損なったことを重く受け止め、番組の継続は困難と判断し、放送を終了することを決めました」と説明。

 「これまで番組をご覧頂いた視聴者の皆様、取材に協力して下さったアスリートの皆様、番組に出演して下さった方々、
関係者の方々に、重ねて深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 

レッズプレス!!
@REDSPRESS
広州恒大の出方はどうか。帯同選手には柏木陽介も[練習レポート]
柏木「この雰囲気に呑まれないようにしたい」

 

西川
岩波鈴木槙野
橋岡えべあべゆ関根
長沢ファブ
興梠
広州には約700人のうちのサポがいく。
陽介も帯同で21人
陽介「途中からでもチームにできることを100%出す」
放置から

 

【浦和】アウェー中国で「ONE TEAM」…広州の壁を破り決勝だ
2019年10月23日 6時10分スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20191022-OHT1T50230.html

心強い“援軍”がいる。敵地にもかかわらず、浦和サポーター約700人が集結予定。
また、ベンチ入りは18選手だが、今遠征は左太もも裏肉離れで公式戦10試合ベンチ外だった主将MF柏木らを含めた21人を帯同した。

 

上がって、やられるパターン作るんじゃねーよ、槙野パンチ!メラメラ

 

浦和レッズのDF槙野智章は、初戦の2点差勝利を経て臨む23日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦・広州恒大(中国)戦に向けて、「やり方はホームと変わらないようにしたい」と、敵地とリードの要素を試合に影響させすぎないことの重要性を強調した。

【動画】ACL準決勝第1戦「浦和×広州恒大」(2-0)ハイライト

 浦和は2日にホームで迎えた初戦を2-0で勝利している。そのことから、広州に乗り込んだアウェーゲームでは、攻める広州、守る浦和という構図になるというのが一般的な見立てになっている。特に、1失点以内であれば確実に突破できる槙野らの最終ラインにおいて、その点がフォーカスされている。

 一方で槙野は、そうした守りの姿勢に入ることへの危惧を語る。そのうえで「やり方はホームと変わらないようにしたい。自分たちがボールを握って、前に出て、相手を出させないというのがベストの展開」と、相手をゴールから遠ざけるという失点をしにくくなる基本的な試合展開をこの第2戦でも繰り広げたいという思いだ。

 槙野のサイドにはブラジル人FWアンデルソン・タリスカの起用が予想される。初戦でも激しく競り合った相手だけに、槙野は「彼が素晴らしい選手なのは理解しているし、彼がどこでボールを受けたいかも分かっている。どこまで彼についていくのか、スペースを管理することが必要」と、相手ストライカーへの注意点を口にしている。

 完全アウェーが濃厚な環境だが、槙野は「1点、2点と取って、スタジアムを静まり返らせるようにしたい」と不敵な笑みも浮かべた。セットプレーの攻撃参加では自身によるゴールも期待できる。ACLの舞台で外国人アタッカーを相手にイキイキとプレーするセンターバックが、広州の大観衆を静寂に包み込む。

10/23(水) 6:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191023-00224826-soccermzw-socc

【ライブ配信】予選Aシフト前半4G『コカ・コーラカップ2019 千葉オープン女子ボウリングトーナメント』

 

【ボウリング】星野 恵梨プロチャレンジ告知(3月25日)

 

ボウリングの新人プロとスカッチで200点ピッタリにしてみる!中堅プロの意地を見せれるか!?【コロナキャットボウル】

 
千葉オープンはプロが皆様、「病む」と口々に言っていた難レーン・コンディションでしたが、
 
今週は気持ちを切り替えて、2勝目を目指します音譜
 
今シーズン、1,800ポイント越えをアップ
LBO時代の写真も、どうぞ音譜

ROUND1 GRAND CHAMPIONSHIP BOWLING 2019
JPBA決勝大会

開催要項

期 日

JPBA決勝大会:2019年10月25日(金)~26日(土)

会 場

ラウンドワンスタジアム堺中央環状店
(BW48L 合成レーン)
〒599-8102 大阪府堺市東区石原町2-241
TEL.072-253-9559 / FAX.072-253-9566
<ファイナル>
11/9(土) ラウンドワン南砂店

主 催

(公社)日本プロボウリング協会

後 援

各社

特別協賛

株式会社ラウンドワン

協 賛

各社

公 認

公益社団法人日本プロボウリング協会

運 営

大会実行委員会
https://www.jpba.or.jp/information/tournament/tournament2019/ROUND1GCB/JPBA_final/Guide_JPBAfinal.pdf
【JPBA決勝大会 競技内容】
 10/25(金)予選 男女レギュラー部門:男子78名・女子75名にて予選6Gを投球し各上位24名決勝トーナメントへ 選出(各シフト上位4名1回戦シード) 男女シニア部門:男子24名・女子24名にて予選6Gを投球し各上位8名決勝トーナメントへ選出 男女グランドシニア部門:男子10名・女子9名にて予選6Gを投球し各上位6名決勝トーナメントへ選出 
 
10/26(土)決勝 男女レギュラー部門:男女予選通過各24名(各上位8名1回戦シード)にてトーナメン方式により優勝者 を決定(決勝トーナメント1回戦~準決勝は2G先取にて勝敗を決定。優勝決定戦 は1Gマッチにて勝敗決定) 男女シニア部門:男女予選通過各8名にてトーナメン方式により優勝者を決定 (決勝トーナメント1回戦・準決勝は2G先取にて勝敗を決定。優勝決定戦は、 1Gマッチにて勝敗決定) 男女グランドシニア部門:男女予選通過各6名にてトーナメント(シュートアウト)方式により優勝者を決定 (決勝トーナメント準決勝は各3名×2ブロックによる1Gマッチにてスコア上位者各1名 を優勝決定戦へ選出。優勝決定戦は2名による1Gマッチにて優勝者決定) 
 
◎JPBA決勝大会タイムスケジュール (スケジュールに若干変更がある場合があります) 
大会前日 10月24日(木)
プロ前日ボール登録 10:00~16:00 前日有料練習ボール(1名時間内 1,500円) トーナメントコンディション20レーン用意 14:00~16:00 プロ前日ボール登録 15:00~16:00 男女レギュラー部門・男女シニア部門 シフト抽選 
 
大会1日目 10月25日(金)
男女レギュラー部門予選6G 男女シニア部門&男女グランドシニア部門予選6G 22BOX使用 8:15 予選Aシフト選手集合110名 レギュラー部門(男子レギュラー部門39名・女子レギュラー部門38名) シニア部門(男子シニア部門12名・女子シニア部門12名) グランドシニア部門(女子グランドシニア9名) 9:00 男女予選Aシフト 6G(混合2-3打ち) | 12:50 ※予選Aシフト6Gにて:レギュラー部門 男女各上位12名を決勝トーナメントへ選出(各上位4名1回戦シード) シニア部門 男女各上位4名を決勝トーナメントへ選出 グランドシニア部門 女子上位6名を決勝トーナメントへ選出 12:15 予選Bシフト選手集合110名 レギュラー部門(男子レギュラー部門39名・女子レギュラー部門37名) シニア部門(男子シニア部門12名・女子シニア部門12名) グランドシニア部門(男子グランドシニア10名) 12:50~13:20 ※男女Aシフト出場プロ退場 → 男女Bシフト出場プロ入場(選手入れ替え) ※中間レーンメンテナンスは行わない 13:45 男女予選Bシフト 6G(混合2-3打ち) | 17:35 ※予選Bシフト6Gにて:レギュラー部門 男女各上位12名を決勝トーナメントへ選出(各上位4名1回戦シード) シニア部門 男女各上位4名を決勝トーナメントへ選出 グランドシニア部門 男子上位6名を決勝トーナメントへ選出 
 
大会2日目 10月26日(土)
男女各部門決勝トーナメント(スケジュールに若干変更がある場合があります) 8:15 選手集合32名(レギュラー部門:男女各シフト8名(各シフト5位~12位の8名)・合計32名) 8:20 選手ミーティング(内容資料配付予定) 9:00 ●男女レギュラー部門 決勝トーナメント1回戦(2G先取=Best2of3 16BOX 1-1 打ち) | 10:00 ※1回戦勝者 男女各8名 2回戦へ進出、敗者17位タイ(男女各8名)決定 9:30 選手集合16名(レギュラー部門:男女各1回戦シード(各シフト1位~4位の4名)・合計16名) ※ミーティング内容資料配布 1回戦シード用ウォーミングアップレーン用意 45~48L 側予定 男女レギュラー部門32名 (1回戦シード男女各8名・計16名+1回戦勝者男女各8名・計16名) 10:20 ●男女レギュラー部門 決勝トーナメント2回戦(2G先取=Best2of3 16BOX 1-1 打ち) | 11:20 ※2回戦勝者 男女各8名 準々決勝へ進出、敗者9位タイ(男女各8名)決定 10:45 選手集合16名(男子シニア部門8名・女子シニア部門8名)※選手ミーティング(内容資料配付予定) 11:40 ●男女シニア部門 決勝トーナメント1回戦(2G先取=Best2of3 8BOX 1-1 打ち) | 12:40 ※1回戦勝者 男女シニア部門各4名 準決勝へ進出、敗者5位タイ(男女各4名)決定 12:00 選手集合12名(男子グランドシニア部門6名・女子グランドシニア部門6名) 男女レギュラー部門各8名・計16名、男女シニア部門各4名・計8名、男女グランドシニア部門各6名・計12名 13:00 ●男女レギュラー部門 決勝トーナメント準々決勝(2G先取=Best2of3 8BOX 1-1打ち) | ●男女シニア部門 決勝トーナメント準決勝(2G先取=Best2of3 4BOX 1-1 打ち) | ●男女グランドシニア部門 決勝トーナメント準決勝(各3名×2ブロックによる1Gマッチにて上位1名・計2名優勝決定戦進出) 14:00 ※男女レギュラー部門 勝者男女各4名 準決勝へ進出、敗者5位タイ(男女各4名)決定 ※男女シニア部門 勝者男女各2名 優勝決定戦へ進出、敗者3位タイ(男女各2名)決定 ※男女グランドシニア部門 スコア上位者男女各2名 優勝決定戦へ進出、敗者3位タイ(各2 名)・5位タイ(各2名)決定 男女レギュラー部門8名(準々決勝勝者 男女各4名) 14:20 ●男女レギュラー部門 決勝トーナメント準決勝(2G先取=Best2of3 4BOX 1-1 打ち) | 15:20 ※男女レギュラー部門 勝者男女各2名 優勝決定戦へ進出、敗者3位タイ(男女各2名)決定 15:55 選手集合12名(各部門男女 優勝決定戦進出者12名) 16:20 ●男子決勝トーナメント レギュラー部門・シニア部門・グランドシニア部門 優勝決定戦(1Gマッチ) | 16:50 ●女子決勝トーナメント レギュラー部門・シニア部門・グランドシニア部門 優勝決定戦(1Gマッチ) | 17:15 17:25 表彰式 | 囲み取材

EUROPE - Love Chaser

 

Europe - Love Chaser (Live in London, 1987)

 

Europe The final countdown (Viña2018)

 
久々に投稿溜めでは無くて、リアルに今書いた記事です音譜
 
ジョン・ノーラムの透明感溢れるguitar soroがとてもいいですが、
あまりguitarの音が全面に出ていなくて脱退していったのも、よく分かるミキシングです。
 
2番目のYoutubeでは既にジョン・ノーラムは脱退しており、
guitarはキー・マルセロです。
 
1987年夏に、昭和記念公園で開催された「24時間テレビLIVE」で、
キー・マルセロ在籍時のヨーロッパを見ています。
 
これまでにヨーロッパを更新した曲は、下記です。

ヨーロッパ(EUROPE)は、スウェーデン出身のハードロックバンド

 

"The Final Countdown"(1986年)の大ヒットで知られる、北欧メタルの草創期から活動する先駆的グループ。1992年から長期にわたり活動を休止するが、2003年から再始動を果たした。

 

音楽的特徴[編集]

バンド ロゴ

 

北欧メタルの始祖的存在として位置づけられることが多い、メロディアスな旋律とハイトーン・ヴォーカルを最大の特徴とするバンドである。特に初期の作品にはこうした色合いが強く、キーボードを盛り込んだ叙情的なメロディは数々のハードロック、ヘヴィメタルバンドに大きな影響を与えた。

 

「The Final Countdown」はEUROPEの最大のヒット作となり、日本でもスズキ・カルタスのCMソングとしてヒットした。大ヒットした後の作品に多大な期待が高まる中、次作『Out of this world』を製作。曲調がポップになったことによって賛否両論を呼ぶ。次に発売された5thアルバム『Prisoners in Paradise』は彼らのメロディ創造能力を極限まで開花させた作品となったが、プロデューサーがヴォーカルを前面に押し出しすぎEUROPE独特のサウンドを失ってしまう。

 

その後バンドは休憩が必要だと言い残し長い間活動を休止する。皆それぞれバンドを結成したりソロ活動をしたりしていた。その後2003年に、再び活動を再開した。

概要・略歴[編集]

最盛期から活動休止まで(1979年 - 1992年)[編集]

1990年代

 

[1]1979年に、ジョーイ・テンペスト(Vo)、ジョン・ノーラム(Gt)ジョン・レヴィン(Ba)トニー・レノ(Dr)らによって結成される。当時はバンド名「FORCE」と名乗っていた。

 

1982年、FORCEはスウェーデンの4000バンドあまりが出場したコンテストで優勝、ジョーイはベストヴォーカル、ジョンはベストギタリスト賞に選ばれる。また、このコンテスト優勝がきっかけでレコード契約を獲得し、現行の「EUROPE」に改名。

 

1983年、1stアルバム『EUROPE』でメジャーデビュー。日本での人気が先行し、「北欧メタル」の先駆者として世界のどこよりも先に人気に火がつく。

 

1984年、2ndアルバム『WINGS OF TOMORROW』をリリース。北欧メタルの地位を確固たるものにする。このころドラマーのトニー・レノが脱退、後任にイアン・ホーグランドが、さらにキーボーディストにミック・ミカエリが加入。

 

1986年、3rdアルバム『THE FINAL COUNTDOWN』をリリース。同作は全米最高8位まで上り詰め全米のみで300万枚、世界650万枚の売り上げを記録する大ヒットとなり、シングル「ファイナル・カウントダウン」は25カ国のシングルチャートで1位を獲得(日本でもオリコン洋楽シングルチャートで1987年4月13日付の1位を獲得[2])、全世界780万枚の売り上げを記録し、EUROPEの名前は世界に知れ渡るようになる。一方で、音楽性のポップ化が進行し、さらに「音楽以外の仕事」(アイドル的なテレビ出演など)が増えるようになり、それに疑問を感じたジョン・ノーラムが脱退。後任にキー・マルセロが迎えられた。実はこのアルバムが出る前からBon JoviはEUROPEのことをライバル視していた。日本のある雑誌でインタビューを受けた際「日本におけるEUROPEの人気はどうなの?」と聞いたというエピソードがある。

 

再始動〜以降(1999年, 2003年 - 現在)[編集]

1999年、12月31日にスウェーデンで一回限りの再結成ライヴとなる"The Final Countdown""Rock The Night"を披露。そこではじめてジョン・ノーラム、キー・マルセロによるツインギターが実現した。"The Final Countdown"ではハモリのソロ、"Rock The Night"では、交互にギターソロを担当し、互いのスポットを分け合った。しかし正式な再結成声明が出されたわけではなかった。このライブのとき再結成しないかとみんなで相談していたが、メンバーはみなソロ活動の契約があったためすぐにというわけにはいかなかった。そして再結成が果たされる2004年まで度々電話で話をしていた。時々ジョーイの家にも遊びに行って曲を作っていたこともあってメンバーは皆やる気満々だった。特にイアン・ホーグランドは「早く再結成しようぜ!」と毎回のように電話で話していたようだ。

 

2003年、"The Final Countdown"当時のメンバーいわゆる黄金期のメンバーで再始動を果たし、翌2004年に13年ぶりの6thアルバム『START FROM THE DARK』をリリース。このアルバムは今までの曲とは違ったヘヴィな曲ばかりになった。「俺たちは昔の殻を破ってこのサウンドにたどり着いたんだ」と言っていた。ほぼすべての曲を半音下げて歌っている[3]

2005年、約13年ぶりの来日公演が実現。

「SECRET SOCIETY」 ツアー(2007年)

2006年、7thアルバム『SECRET SOCIETY』をリリース。翌2007年4月に 「SECRET SOCIETY」 ツアーで2年ぶりの来日公演。

 

2009年、8thアルバム『LAST LOOK AT EDEN』をリリース。

 

2012年、9thアルバム『BAG OF BONES』をリリースし[4]、翌2013年からデビュー30周年を大々的に企画[5]HR/HMフェス『LOUD PARK 13』出演にて来日[6]。ライブDVD『LIVE AT SWEDEN ROCK - 30TH ANNIVERSARY SHOW』をリリース

 

2015年、来日公演を開催し、2ndアルバム『WINGS OF TOMORROW』の完全再現ライブを実施[7]。節目の10thアルバム『WAR OF KINGS』をリリース[8]

 

2016年、かつての大ヒットアルバム『THE FINAL COUNTDOWN』のリリース30周年を記念した、完全再現ライブツアーを企画[9]

 

2017年、11thアルバム『Walk the Earth』を発表[10]

 

2019年、1stアルバム『EUROPE』、再始動後の6thアルバム『START FROM THE DARK』をフィーチャーした来日公演を開催[11]

 

「Love Chaser / Europe」

 

https://petitlyrics.com/lyrics/360348

昨年の署名分と併せて、11月3日までに浦和事務所へ署名提出に行きます。

 
立花、中村修三 解任にご賛同頂ける方、下記へメールをご送信宜しくお願い致します。
①ご氏名②メッセージのみで可です。
 
mikahakkinen20031117@yahoo.ne.jpです。

京都の新スタジアム

20日午後2時ごろ、札幌市の厚別公園競技場で開催された高校サッカーの決勝後、スタンドの観客が選手と握手をしようと最下段の手すりに寄りかかったため折れ曲がり、
十数人が落下し、市内の高校2年の男子生徒2人がけがをした。いずれも軽傷。

 競技場を管理する札幌市によると、閉会式終了後、バックスタンド側で応援していた観客や保護者が、あいさつに来た選手と握手やハイタッチを交わそうと手を伸ばし、
手すりに寄りかかった。その際に重みで幅約9メートルに渡りフィールド側に曲がり、観客は約1.3メートル下に落ちた。

共同通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-00000101-kyodonews-soci

 

浦和FWファブリシオ“連発”だ!ACL広州恒大戦へ「アウェーでも勝つ」
[ 2019年10月21日 05:30 ]
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/10/21/kiji/20191021s00002181104000c.html

 浦和のFWファブリシオが、23日に行われる広州恒大(中国)とのACL準決勝第2戦で“連発”を狙う。

 自ら先制のミドル弾を決めたホームの第1戦は2―0で折り返し。だが受け身に回るのは禁物。「謙虚にハードワークし、アウェーでも勝つ」と話す。
18日の大分戦ではジェルを忘れ、髪も寝かせたままプレーしたが、中国遠征ではモヒカンも復活予定。
優勝した07年はポンテ(5点)、17年はラファエル・シルバ(9点)が活躍。3度目のACL制覇へ助っ人の爆発は欠かせない。

 

【視聴率】ラグビー日本×南アフリカ41・6%瞬間49・1%

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-10171264-nksports-spo

 

ソフトバンク-巨人 日本シリーズ第2戦は7・3%
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-10210080-nksports-base

 

日本中が「ラグビーにわかファン」で溢れる理由
4つの観点からW杯の盛り上がりを読み解く

https://toyokeizai.net/articles/-/309195