mayuの上原彩子さんと浦和レッズと音楽 ブログ

mayuの上原彩子さんと浦和レッズと音楽 ブログ

上原彩子さんと浦和レッドダイヤモンズ(三菱時代から28年目のサポです)と音楽をこよなく愛するブログ

上原彩子さん、2013年にUSLPGA参戦の目標を見事に達成されました(^O^)
海外メジャー制覇の目標に向かって、邁進されますことを、期待しておりますo(^-^)o
「いいね!」いつも、ありがとうございます!

NEW !
テーマ:

Kiss The Dirt (Falling Down The Mountain)

 

INXS - Kiss The Dirt

 
曲のタイトルが分からなくて、歌詞を調べて、ようやく付き止めました音譜
 
このALBUMが発売され当時、この曲ばかり聴いていた思い出がビックリマーク
今日9月25日は、親が生きていれば72回目の誕生日。
親に捧げる、この曲。
いつまでも、愛してるよ!!
 
51歳の誕生日の時に、下記の曲をアカペラで歌ったことを思い出します。
 

Mr. Mister - Kyrie

 
これまでにインエクセスを更新した曲は、下記です。

INXSインエクセス)は、オーストラリアロックバンド1980年代から1990年代にかけてカリスマ的な人気を誇り、オーストラリア出身のバンドとしてはAC/DCビージーズに次ぐ世界的成功を獲得した。

 

1977年にボーカリストのマイケル・ハッチェンス、ファリス三兄弟を中心に結成され、1980年にデビュー。地元オーストラリアで人気を獲得した後、1983年にサードアルバム『シャブー・シュバー』で世界進出を果たす。1984年には当時の売れっ子プロデューサー、ナイル・ロジャースが手がけた『オリジナル・シン』で知名度を高めた。

 

この『オリジナル・シン』のPV撮影は日本で行われた。

 

バンドは当初のニュー・ウェイヴ風ロックから流行を意識したダンサブルなロックへと方向性を模索、一皮むけずにいたが、1985年、プロデューサーにクリス・トーマスを迎え、ソリッドなロック色を強めた『リッスン・ライク・シーヴス』を発表する。シングルカットされた「ホワット・ユー・ニード」は全米5位の大ヒットとなり、この路線は成功、ファンキーさを深めた1987年の『KICK』からは全米ナンバーワンとなった「ニード・ユー・トゥナイト」や「ニュー・センセーション」などの大ヒット曲が生まれ、現在までに1,000万枚のセールスを達成している。

 

アルバム[編集]

 
「Kiss The Dirt / INXS」
 
 

テーマ:

早くも2,991名様のご署名、ありがとうございます。

淵田 解任署名運動についてですが、より簡略化し、フルネーム記載無く苗字のみ記載で大丈夫です。番地記載も必要ございません。

 

宛先: mikahakkinen20031117@yahoo.co.jp

 

①ご氏名、②ご住所(番地記載必要無し。市町村名のみで可)、③ご意見コメント

この3点のみで沢山のご署名を受け付け致します。

3,000名様を越えた時点、9月4週頃に、埼玉スタジアム内にある浦和事務所に提出致します。

※頂いた個人情報は、当署名以外使用しないことと致します。

5万5千超えの埼スタで浦和がゴールショー!イニエスタ不在の神戸は泥沼4連敗 

従来の3-4-2-1ではなく、3-3-2-2の形をとる。 
青木拓矢の1ボランチに柏木と長澤和輝のインサイドハーフを組み、興梠慎三と武藤雄樹が2トップを形成した。 

結局、浦和は最後まで集中力を切らさず神戸の攻撃をシャットアウト。4-0の大勝を収め、2連勝。 
55,689人の大観衆が詰めかけるなか、最高のゲームを見せた。 

順位も神戸と入れ替わり8位に浮上。 
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内となる3位・FC東京との勝ち点差を5に縮めた。 

http://news.livedoor.com/article/detail/15347879/ 

J1後半戦順位表 
1位 名古屋 21pt +13 
2位 川崎 19pt +10 
3位 浦和 17pt +9 
4位 鹿島 17pt +1 
5位 仙台 16pt +4 
6位 鳥栖 16pt +2 
7位 広島 15pt +3 
8位 G大阪 15pt ±0 
9位 C大阪 14pt +3 
10位 札幌 14pt -5 
11位 横浜FM 12pt -3 
12位 神戸 11pt -6 
13位 清水 10pt -4 
14位 柏 10pt -4 
15位 磐田 10pt -8 
16位 長崎 10pt -9 
17位 東京 9pt -3 
18位 湘南 9pt -3

 

赤波@興梠 
・追加点がすぐ取れてよかった。久しぶりに0に抑えて気持ちいい試合が出来た 
・陽介はいつも見てくれてるので陽介が受けたらすぐ動こうと思ってた。触るだけで良かった 
・(イニエスタ)残念。プレーしてみたかった 
・次も今日みたいな試合が出来れば勝ち点3取れると思うのでしっかり準備したい 
@青木 
・声を掛け合いながら出来た部分が良かった。中盤3枚で上手くできた 
・最初は逆に蹴ろうと思ったがGKの体が動いたのでそっちに蹴った 
・中盤4枚に可変したりも上手く対応してできた 
@武藤 
・相手のミス(笑)からボールがこぼれて上手く入ってくれた 
・簡単なシュートが入らず今日みたいなのが入ったり、サッカーって分かんないなと(笑) 
・2トップでスタートして流動的に下がる。基本的には2トップだった 
・後半はリードしていたのでブロック作ってカウンターだった 
・たくさんの観客の前でプレー出来て点も取れて気持ち良かった 
・(キャプテンマーク)嬉しかったですねー。浦和でキャプテンマークは嬉しかった。あとで写真貰います(笑)

 

@長澤 
・全員で狙った守備が出来た。中盤を柏木青木と3人でスライドして守るいつもと違った守備 
・3人で上手く守ることが出来た。下がるのが見えていた中で点が取れて良かった 
@柏木 
・真ん中でフリーになれることは感じてた 
・興梠がどこに出して欲しいかは分かってる。今季一番気持ちいいアシスト。あれは興梠しか取れないゴール 
・2点目は中は見えてなかったんでGKを超えれば何か起きるかなと蹴った。決まっておおっ入ったの!?と思った 
・今はチームとしてどうプレーして恫喝べきかをみんな考えてプレー出来てる。団結出来てる 
・下より上が見たい。ACLに向かって頑張る

【浦和レッズ】元浦和レッズ・那須兄貴が試合後に挨拶で場内一周 

 

https://www.youtube.com/watch?v=lI_L_vp1u2Q


寺田蘭世さんって、乃木坂の人じゃん爆弾


テーマ:

サイスタの芝、荒れすぎ、酷いな爆弾

 

早くも2,991名様のご署名、ありがとうございます。

淵田 解任署名運動についてですが、より簡略化し、フルネーム記載無く苗字のみ記載で大丈夫です。番地記載も必要ございません。

 

宛先: mikahakkinen20031117@yahoo.co.jp

 

①ご氏名、②ご住所(番地記載必要無し。市町村名のみで可)、③ご意見コメント

この3点のみで沢山のご署名を受け付け致します。

3,000名様を越えた時点、9月4週頃に、埼玉スタジアム内にある浦和事務所に提出致します。

※頂いた個人情報は、当署名以外使用しないことと致します。

復帰予測2か月半縮める脅威の回復力!右肩負傷の豪代表FWナバウトが完全合流 10/7仙台戦目指す 
・非公開で行われた試合前日練習のメニューを全てやり、 
 追加でゴール前の攻防の練習を行うなど対人プレーもこなした 
・「怪我した後、初めて全部の練習をやった」 
・「(対人プレーに対する恐怖心)問題なくやれたよ。オレ、ちょっとクレイジーだから大丈夫なんだ」 
・「怪我した時は6か月かかると言われた。負傷翌日からやれることをやってきた。 
 2か月半早く復帰できることはうれしい」 
・「仙台戦を目指している。コンディションを合わせていきたい」 
https://www.hochi.co.jp/soccer/national/20180922-OHT1T50145.html

 

戦術遂行へ、静かに闘志/長澤 
http://www.saitama-np.co.jp/news/2018/09/23/05.jpg


ボール奪取能力にたける背番号15が神戸戦のキーマンとなりそうだ。「取りに行くところと 
ゾーンで守るところをはっきりしたい」と戦術の遂行を自らに課し、「(神戸のイニエスタは) 
世界のトップ。チーム対チームで戦えれば」と周囲と連係して“イニエスタ封じ”を狙う。 
戦列に復帰して1カ月がたち、「出る時間が長くなればコンディションは上がっていく」と 
復調への手応えも十分。世界中の注目が集まる一戦へ、 
「浦和レッズが強いところを見せたい」と静かに闘志を燃やした。

須磨水族館にいた、イニエスタ爆弾

イニエスタいないのに、アッパー埋まったビックリマーク

 

2015年以降の対神戸戦戦績 

2015/06/20 △1-1(ノエスタ J1) 
2015/11/22 ○5-2(埼玉 J1) 
2015/12/26 ○3-0(ヤンマー 天皇杯) 
2016/06/25 ○3-1(埼玉 J1) 
2016/08/27 ●1-2(ノエスタ J1) 
2016/08/31 ○2-1(ノエスタ ルヴァン) 
2016/09/04 ○4-0(埼玉 ルヴァン) 
2017/04/01 ○3-1(ノエスタ J1) 
2017/10/14 △1-1(埼玉 J1) 
2018/04/11 ○3-2(ノエスタ J1) 
2018/09/23 ○4-0(埼玉 J1) ←NEW

 

明治安田生命J1リーグ 第27節 
2018年9月23日(日・祝) 18:04キックオフ・埼玉スタジアム 
浦和レッズ 4-0(前半2-0) ヴィッセル神戸 
得点者 23分 青木拓矢、42分 興梠慎三、53分 武藤雄樹、76分 長澤和輝 
入場者数 55,689人 

トラッキングデータ 
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/092309/trackingdata/ 
総走行距離 浦和108.993km 神戸103.577km 
青木拓矢 11.630 
橋岡大樹 11.184 
11.136 郷家友太 
10.772 藤田直之 
武藤雄樹 10.643 
10.206 橋本和 
長澤和輝 10.005 

スプリント回数 浦和137回 神戸123回 
橋岡大樹 30 
宇賀神友弥 20 ウェリントン 
17 高橋峻希 
興梠慎三 15 
武藤雄樹 14 橋本和 
柏木陽介 11 大﨑玲央、三田啓貴


テーマ:

Alcatrazz - Jet to Jet

 
初登場のアルカトラスです音譜
 
なんと言っても、クライマックスはスティーブ・ヴァイのguitar soroですビックリマーク
グラハム・ボネットのVocalも、いいですねアップ

アルカトラスAlcatrazz)は1983年グラハム・ボネットを中心に結成されたヘヴィメタルバンドであり、イングヴェイ・マルムスティーンを輩出、スティーヴ・ヴァイが在籍したバンドである。1987年解散。2007年にグラハムが自身のバンドを率いてアルカトラス名義で活動再開。

 

1983年マイケル・シェンカー・グループを解雇されたグラハムは元ニュー・イングランドのゲイリーとジミーと共にバンドを結成する。グラハムはレインボーで共演したリッチー・ブラックモアに良く似たギタリストを探すためオーディションを行い、元スティーラーのイングヴェイ・マルムスティーンを獲得。(イングヴェイ本人の話ではUFOの誘いも受けていたが、グラハムの方が歌が上手いと言う理由でアルカトラスに加入したという。)

 

1984年1月には初来日を果たした。イングヴェイはリッチーに憧れているとはいえ黒い衣装、白いストラトキャスター、ギターを壊すパフォーマンスと全てリッチーのコピーであるため客から失笑がもれた。だが、「テープの速回しじゃないか?」と噂されていたイングヴェイのメロディアスかつ強烈な速弾きは紛れもない本物であった。そして、この初来日の東京公演を収録されたアルバム『ライヴ・センテンス』をリリースされるも、グラハムとの関係が悪化したのを理由にイングヴェイは脱退してしまう。

後任には(同じく速弾きを得意とするとはいえ)イングヴェイとはスタイルを異にするスティーヴ・ヴァイを加入させ、1984年10月に再来日を果たした。初来日公演も再来日公演もライブ・ビデオが発売され好評であった。

 

1985年にはスティーヴを迎えての傑作『ディスタービング・ザ・ピース』をリリースしたが、同年、スティーヴが当時ヴァン・ヘイレンを脱退したばかりのデイヴィッド・リー・ロスの誘いを受け脱退、後任にダニー・ジョンソンを迎え、3rdアルバム『デンジャラス・ゲームス』をリリースするも鳴かず飛ばずで1987年に解散した。

 
「Jet To Jet / Alcatrazz」
 

テーマ:

早くも2,990名様のご署名、ありがとうございます。

淵田 解任署名運動についてですが、より簡略化し、フルネーム記載無く苗字のみ記載で大丈夫です。番地記載も必要ございません。

 

宛先: mikahakkinen20031117@yahoo.co.jp

 

①ご氏名、②ご住所(番地記載必要無し。市町村名のみで可)、③ご意見コメント

この3点のみで沢山のご署名を受け付け致します。

3,000名様を越えた時点、10月1週頃に、埼玉スタジアム内にある浦和事務所に提出致します。

※頂いた個人情報は、当署名以外使用しないことと致します。

神戸・イニエスタ 23日の浦和戦出場が流動的に 

右太腿前の付け根付近に違和感 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00000144-spnannex-socc 

 

【浦和】西川が警戒する神戸の選手は? イニエスタ?ポドルスキ?いや古橋! 
2018年9月22日17時15分スポーツ報知 
https://www.hochi.co.jp/soccer/national/20180922-OHT1T50215.html 

 J1浦和のGK西川周作(32)が22日、23日のホーム・神戸戦(埼玉)で警戒する選手にFW古橋亨梧(23)の名前をあげた。 

 西川は非公開練習後、報道陣の取材に応じ、元スペイン代表MFイニエスタ対策などについて聞かれた。 
「イニエスタ選手が出るか、出ないか分からないですが、どちらでもいいように準備してきました。パスを出せる選手がいるチームに対しては、自分たちは仕事をさせないよう厳しくいくのがポイント」。 

 注意すべきは、イニエスタや元ドイツ代表FWポドルスキだけではないと強調もした。 
「古橋選手は早い周りの選手への意識も高く持ってやりたい。(イニエスタやポドルスキの)ほかの選手に対する準備もおこたってはいけない」。今夏、J2岐阜から神戸に加入し、5試合2得点しているアタッカーを要注意人物とした。

 

森脇良太がチーム完全合流!気になる状態は? 

 

https://www.targma.jp/wp-content/blogs.dir/14/files/2018/09/DSC_6032_R-640x427.jpg

 

今シーズン初めの沖縄キャンプで肉離れにより戦線離脱し復帰したかと思った矢先に 
別の箇所を肉離れしてまた離脱。何度となく繰り返されるケガの離脱から、不死鳥のように 
森脇良太選手が復帰してきた。その姿が、そぼ降る雨の中で行われた神戸戦に向けた練習のピッチにあった。 
 

雨中でトレーニングを行う男たち 

 

https://www.targma.jp/urawa-football/files/2018/09/DSC_6047_R-640x427.jpg

 

 

https://www.targma.jp/wp-content/blogs.dir/14/files/2018/09/DSC_6075-640x427.jpg

 

柏木の復帰が濃厚、神戸戦は中盤の構成が流動的に 

 

https://www.targma.jp/wp-content/blogs.dir/14/files/2018/09/DSC_6307_R-1-640x427.jpg

 

23日のJ1第27節で神戸をホームに迎え撃つ。前節で横浜FMに勝利し、当面のところの 
残留争いに本格参戦する危機は脱した。そのタイミングで、勝ち点1差で順位も1つ上の相手と 
対戦できるのは流れとして悪くない。そのマリノス戦を欠場した柏木陽介は復帰できることが濃厚だが、 
これまでのボランチではなくシャドーの一角に入りそうだ。マリノス戦を見ればマルティノスの起用には 
踏み切りにくく、荻原拓也をリーグ戦のスタメンに送り込む決断にも勇気はいる。そうなれば、 
長澤和輝と青木拓矢のボランチを維持した上で、柏木を1列前に起用する5月頃によくやっていた布陣は現実的だ。 
 

――横浜FM戦に比べて中盤の配置が少し変わった布陣も試されていました 
長澤「昨年から一緒にやっている選手同士ですし、バランス良くお互い見て取れるので、 

柏木選手がやりやすいように、僕も動ければ良いかと思います」 

 

http://redswave.com/ohara/?p=5258

 

満員の埼スタで挑む神戸戦 西川周作「ズレがあれば、近くにまで行って短い言葉で伝えたい」 

http://www.redspress.jp/S0001/upload/2018092200001_1.jpg

 

 

http://www.redspress.jp/S0001/upload/2018092200001_3.jpg

 

22日、23日の神戸戦に向けて、非公開練習を実施。 

記者らがメディアルームからピッチ脇に出ることを許されたタイミングでは、 
一部の選手は既にクラブハウスに上がり、残った選手は片面でPKやFKを蹴り、 

もう片面ではビルドアップの確認をしていた。

 

橋岡大樹にとっては初の満員での埼スタ「5万人以上の中でプレーすることができるのは嬉しい」 

http://www.redspress.jp/S0001/upload/2018092200002_1.jpg

今シーズン初めてチケットが完売した23日の神戸戦が注目の集まるビッグゲームになることは間違いない。 
橋岡大樹は「5万人以上が入ると言われていて、その中でプレーすることができるのは嬉しい。 
自分たちのホームなので絶対に勝ちたい。相手を目立たせないように、良いプレーをさせないように、 
チームでコミュニケーションをとって戦いたい。勝点1差の相手でもある。勝てば順位で抜く。 

ACL出場圏内にも近づく大事な一戦なので気を引き締めて戦いたい」と話した。

 

カメラマン・阿部勇樹 

 

http://www.redspress.jp/S0001/upload/2018092200004_1.jpg

先日、橋岡大樹が浦和レッズユースのメンバーと記念撮影をしようとしている時のことだった。 
周りを見渡すと、携帯カメラのシャッターを押してくれそうな若手はいない。 
それを遠くから見て、カメラマンを買って出たのがリーグ戦555試合出場を達成した阿部勇樹だった。 
 

ウォーミングアップコラム:古巣・神戸に挑む岩波拓也 

・「生まれ育ったクラブを相手に恥ずかしいプレーはできない。どこと対戦するよりも楽しみにしている」 

https://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/n-00090039/

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス