ガイドネタ続き。

 

☆  ☆  ☆

 

4月30日~5月1日 明晰夢

 

マイSPで寝ていたら、なぜか母が添い寝しにきた。

もしやこれガイドが母に化けてるパターン? とか思って

「あなた誰」

と聞いてみたら、案の定そのパターンで、過去生の息子らしい。

なんで母の姿に化けていたかというと、リアル母が過去生でも私の母だった時代の私の息子らしい。

(つまりこのガイドから見てうちの母が過去生で祖母だった。)

いつの時代の息子だろうか。

 

「あなたの名前を教えて」

と尋ねたが、当のガイドは号泣しだしてまともに会話ができない。

「やっと……やっと認識してもらえたあぁぁぁぁ~#$%&’●×△##*うわぁぁぁぁ(号泣)」

みたいな感じで、こちらが困惑するほどの号泣(嬉し泣き)ぶりだった。

(よっぽど私のこと好きなんだねえぇ……。)

 

母に化けていた姿はこのときすでに解除されていて、前髪ぱっつんヘアの男の子(見た目の印象、7歳くらい?)になっている。

容姿はどう見ても日本人だから、きっと日本での過去生の息子だろう。

 

このガイドのことをもっと知りたかったが、あまりの号泣ぶりに呆気にとられているうちに目が覚めた。

 

☆  ☆  ☆

 

翌日、入浴しながら「あのガイドの名前なんだろー」と考えていたら、

「あつひろ」

という名前がポンと浮かんだ。

 

「あつひろ」ってすいぶん現代風な名前なんだけどいつの時代よ?

過去生でリアル母が私の母だった時代って戦国時代なんだけど、戦国のヒデくんの息子にはそんな名前の子いなかったと思うんだよな……平安時代かな……でも平安女官だったころの息子はリアルで交流あったから違うな……てことはテンノーだったときかなあ~、

とか考えて、風呂から出てからウィキペディア見たら、やっぱり平安中期にテンノーだったときの息子だろうという結論に達した。

 

あつひろという名前の息子がいたという記述はないが、私の名前(即位名じゃないやつ)が「敦仁(あつぎみ・あつひと)」だったので、息子が「あつひろ」というのは非常に納得できる。

「敦仁」の「敦」に、その時代の元号の「寛平」から「寛」をとって「敦寛」にしたのだろう……たぶん。

 

それにしてもリアル母、戦国時代も私の母だったけど、この時代も母だったのね。

そして、あつひろ君が何担当のガイドかは今もって不明。

次はちゃんと会話できるといいな!