元旦那物語はこちらから←クリック





私はメモに書いた家電を見て回りました。
・テレビ
・冷蔵庫
・電子レンジ
・洗濯機
・ガスコンロ
・掃除機
ドライヤー

などなど、、、
皆さん覚えてますか、、、元旦那と揉めたドライヤー。


冷蔵庫は真っ黄色のものを選びました。
機能性よりも見た目の可愛さに一目惚れだったのです!


一条がいたら買えたかな、、、?
貧乏が長かった私は、久しぶりの家電量販店で刺激をバシバシ受けていました。


今ってこんなのがあるの?
レンジにしても、掃除機にしても、おしゃれで機能性が高い商品がたくさんあるのです。


店員さんの説明を聞けば聞くほど迷う、、、でも、やっぱり見た目重視!
おしゃれな部屋への憧れでした。


一条に渡された100万円はたちまち家電へと姿を変えます。
私は、本当に使い切ってしまったのです。


家電を選んでいる間、1度、一条から電話がありました。
「1人で大丈夫か?」と。


私は大丈夫!買い物、楽しい!と話すと、一条は笑って「よかったね」と電話を切りました。


家電のお届け日が最短で2日後。
テレビだけでも持ち帰りたかったけど、私の軽自動車には入らない……


嬉しいような、、寂しいような。
あの何もない部屋であと2日、一条と過ごすのか……


私はわずかに残ったお金を持って家具屋へ行き、テーブルとプラスチック製の衣装ケース(引き出し三段)を買いました。


これを車に積んでアパートへ戻り、テーブルを組み立てる……


テーブルを置くと、急に部屋らしくなった。
テーブルに顔を埋める。


自分で選んだ安いテーブルは、なんだか私らしくて愛着が湧いた。


プラスチックの引き出しケースは、貧乏の名残り、、
この時、全く貧乏臭いとは思わずに普通に寝室へ置いていましたが、押入れの中で使った方が似合いそうな代物でした。


一条は3時前にはアパートへ戻り、テーブルを見て「かわいいテーブルだね、女の人の部屋に来てるみたいだ」と喜んでいた。


プラスチックの引き出しは、「まぁ、、とりあえず良いけど、、、」明らかに嫌そうでした。


テーブルに全てのレシートを並べて一条に見せ、後日届く家電について説明した。


すると一条は「ポンは買い物が上手だねー」と笑い、届くまでは外食だねと言った。


そして、、この日、2回目のアレ、、、


夕べもしつこかった上に、今朝もしたのに、、、


とにかく性欲が強くて大変だった……


つづく





皆さま、こんにちは爆笑

本日のアメンバー申請のコメントに、「ドスケベなので申請しました。よろしくお願いします。」と言うのがあって笑ってしまいました‼︎

もう、プロフィールじゃない!笑笑
同じようなメッセージもたくさん頂きました。
「関東に住む女です。ドスケベです。申請しました。」←これもプロフィールじゃなーい笑

全て承認致しました。するんかーい!


申請しました。のコメントやメッセージ、わざわざありがとうございます、、、

あの、アメブロの設定からプロフィール設定に行きますと、プロフィールの入力が出来るので、それで結構ですよ、、、


いえ、メッセージやコメントも嬉しいのですが、申し訳ないなと、、、


でも、嬉しかったです。
ありがとうございます照れ照れ照れ