ツイッターも始めました。
IDは『ハルとダヤン』です。
https://mobile.twitter.com/harutodayan

7月30日より、大阪府枚方市樟葉からいなくなった飼い猫の黒ネコを探しています。

どんな些細な情報でも構いませんので、ご存知のことがありましたら、教えていただけないでしょうか。

− − − − − − − − − − − − − − − − − −


今週は、3匹の黒猫に会うことができました。


ハルがいなくなってから10ヶ月以上が経つにも関わらず、もしやと思い情報を下さる方に、心から感謝いたします。


− − − − − − − − − − − − − − − − − −


1匹目の子は、自宅から約15km離れた『大阪府寝屋川市高宮』で捕獲された子でした。




野良猫ちゃんを保護していらっしゃる、優しい方にご飯をもらいに来ている子でした。




ハルと似ているところもありましたが、違う子だという印象でした。決定的には、輪郭と鼻の形が違っていました。


保護してくださった方が、翌日、動物病院へ連れていくと、赤ちゃんを産んだばかりの授乳中のお母さん猫だと分かりました。


この子にも、産まれた赤ちゃんにも、幸せになってほしいです。捕獲器を囲んでじろじろ見て、怖い思いをさせてしまいました。会ってくれてありがとう。


ご連絡くださり、本当にありがとうございました。



− − − − − − − − − − − − − − − − − −


2匹目の子は、自宅から約3km離れた隣駅で、耳カットがある子でした。




警戒心が強い子で近づけませんでしたが、ハルではないと分かりました。


しばらく観察していると、この子を知る方にお会いでき、ここで生まれた子だと聞かせていただきました。


急にお声がけし、申し訳ありませんでした。


他の猫ちゃんと仲良く遊び、幸せそうな黒猫ちゃんでした。



− − − − − − − − − − − − − − − − − −



3匹目の子は、自宅から約1.5km離れた、こちらも隣駅の方から情報をいただきました。





一目でハルではないと分かりました。決定的には輪郭と目の色が違い、鳴いてくれた声も違いました。


この子との出会いは、実はもう何ヶ月も懇願したものでした。ついに叶ってしまい、嬉しいような、希望が消えたような、複雑な気持ちです。


この子のいたエリアから、去年の冬、目撃情報をいただきました。「ご飯を食べに来る子がいる」というものでしたが、まだ暗い朝方か、人気もない深夜にしかこない子でした。


他の時間帯に行けど、聞き込めど、進展はありませんでした。


その時間帯に張り込むこともできず、カメラを置かせていただきました。


何週間も置かせていただき、たった1回だけ、顔の正面が写ってくれたことがありました。


それが、間違いなくこの子でした。


カメラの画像だけでは望みを捨てきれず、実際に会って確認したいと願い続けていた子にやっと会えた喜びとともに、ハルである希望が消えました。


でも、会ってくれて本当にありがとう。あれからずっと同じ場所で元気に生きてるこの子から、また希望をもらいました。


どこかで必ず生きているハルに、その場所に辿り着けるまで、諦めずに探し続けたいと思います。


明日も、頑張ります。