こん◯◯◯!

↓乗り継ぎして、再びエコノミープラス

足元にゆとりはありますが
JALのプレミアムエコノミーと比べると雲泥の差でしたチーン

やっぱりフットレスト欲しいですねちゅー


乗り継いだあとも真ん中席!

今までも、左右の肘掛を取られて
終始、縮こまっていたことや

咳をしたら隣のおばさんに怒られたり

隣からピスタチオの殻が飛んできたりと

アメリカ発の機内(全てエコノミー)ではいろんなことがありましたが

今回、新たな経験をしました笑い泣き

他人事なら笑い話で済ませられるけど
いざ、自分事となるとそうもいきません。

しかも長距離便でこの仕打ちチーン





席の配置はこんな感じ

私の前の席は空席でした。
これは不幸中の幸いハート

飛行機に乗るとすぐにAさんがDさんに
ほぼ満席なのに、私たちってラッキーよねちゅー
と話しているのが聴こえてきました。

Dさんはすぐに座席を倒してました。

そして、Aさんも倒そうとして
席の後ろの上の方に手を当てて
席を倒そうとしたら・・・

Bさん、自分の見ていたモニターが見えなくなったようで

黙って、Aさんの手をパチンと軽く?叩きました。

Aさん、慌ててI’m so sorry.と言うも
席を倒すこと自体諦める。

Bさんは席を倒したことに怒っていたわけではなく、自分の見ていたモニターを触ったから
その手を跳ね除けようとしたんだと思いますがアセアセ


私はきっちり、自分の枠から常にはみ出ないように終始気を配っていましたが

しばらくすると、私の席が狭くなっていくのを感じました。

きっと、ネックピローか何かが落ちたのだろうと
右の肘掛の下に手を入れると・・・




Bさんがどんどん下へ腰を落としていって
お尻が肘掛の下からはみ出してきてました。

危ないお尻を触る怪しい女と言われるところだった滝汗

さりげなくお尻で押し返すしかない真顔

Bさん気づいたようで
お尻が下がってくると、時々、上に持ち上げてました。

このとき、肘掛が彼女の腰?で押されて上に上がるので
その度に肘掛が私の肘に当たりました真顔

Bさん、化粧室へ行きたいときは
私の肘を軽く触るので

私も通路側のEさんの肘を軽く触って
立ち上がりました。

機内食が終わって、機内が消灯したので
映画を1本だけ観て、私も寝ることにしましたが
これがなかなか眠れません。

ヨックレストを持ってきたけど
ネックピローの方が良かったみたいチーン

仕方がないのでヨックレストを首の後ろに置いて寝るチーン



ヨックレストはこちら。

国内線であれば、腰のあたりに使う
ヨックレストが活躍しますちゅー

首にはあまり意味がなかったけどぶー

帰りは空港でネックピローを買いたいですお願い



その後、寝ていると右肘に何かを感じるzzz
こんなに眠いし、Eさん寝てるのにBさん化粧室に行きたいのかな?

でも、偶然、寝ている間に手が当たったかもしれないから

声をかけられるまで、様子を見ようと思っていたけど、右肘を押されている気がする真顔

仕方がないから起き上がると
Bさん、窓に持たれてスヤスヤ眠ってました。

代わりに後ろのCさんが、私とBさんの間にある隙間から足を出して、肘掛に乗せてましたムキー

Cさんの足が私の肘を押してたってこと真顔

Bさんは席を倒していなかったので、微妙な隙間ができていてCさんが足をのせてたの。

とりあえず、肘で跳ね除けておきました真顔

ほんと、真ん席って最悪だわゲロー



そして、飛行機降りて
とりあえず食事

オリーブ食べれないけどオリーブづくしタラー




機内で観た映画
Breakthrough 
クリスチャン映画

私はクリスチャンではありませんが
“あなたが生まれたのには意味がある”とお母さんが言うシーンや

お母さんがお子さんのために祈るシーン(ネタバレになるといけないので詳しく書きませんが)を観て
機内で涙が溢れました。

機内で見つけたら、もしくは図書館などで借りる機会があれば、観てください。

※宗教を勧める意図はありません注意

明日も頑張って生きよう(頑張ろう)という気持ちになりました。