約半年ぶり

テーマ:
ホントに久しぶりに投稿します。
自分の病気のことはもちろん、身近に起こった出来事もろもろ。

まず、義父の話から、
2月21日、お友達夫婦と歌舞伎を見に博多座へ。終わってからの食事中に主人に電話が入った。
お父さんが救急車で運ばれてICUにいるとの連絡だった。急いで戻り病院へ。
事態は深刻で、肺炎がひどくて呼吸すら大変な状態だった。とりあえず、肺の炎症を抑えること。今は口に酸素マスクだか、この状態が続くと、今度は気管挿管、次の段階は気管切開と悪くなっていくとこうなりますの説明をまず聞いた。見ていると、本当に肩で息をしていて苦しそう。看護師さん曰く、水の中で溺れているような状態らしい。その日の明け方、病院から連絡が入り、息苦しさが取れてないらしく、呼吸もままならなくなって、次の気管挿管の連絡だった。

でもその後、順調に回復してたけど、なかなかICUから出れなくて、多分2週間くらいは居たかなぁ。
そして、やっと普通病棟に戻れるところまで回復した。
お見舞いに行き、お父さんに、「みんな待ってるよ、早く元気になって帰って来てねー」と笑顔で話し、お父さんも「ありがと」と。
病室を出る時、バイバイと手を振るとお父さんも手を振る仕草でバイバイをしてくれた。

これが最後になるとは思わず、その10日後息を引き取った。いきなり悪くなったようで、すぐに亡くなってしまった。死ぬのって、こんなあっと言う間なのかなぁ・・・