自律神経失調症を克服した針灸師のブログ

神戸元町の摩耶はり灸院から、自律神経失調症やパニック障害で苦しむ方へのメッセージ。
自律神経やパニックやめまい耳鳴りについて、自分の経験や針灸治療もまじえて発信しています。

 

{90DC0D9C-D65D-4573-B1EE-0402A1D23711}


今朝の神戸もドヨーンとしてます。いつになったらスコーンと晴れるのか。こんな天気はしんどいですね。

 

 

 

知ることで治りやすくなる、自律神経失調症やパニック障害はそういう病気です。

今日も長くなりますが、ぜひ読んでください。

 

 

自律神経失調症やパニック障害になりやすい性格、傾向はあると思っています。

というのも、この病気というのは「脳(心)と体をつなぐ神経」の病気なので、体の弱さもさることながら、脳(心)で考えること=思考 が神経をむしばむ原因のひとつになるんです。その人の思考のクセ、つまり性格(性分)が傾向を生むことは確かだと思います。

 

このへんが「心の病気じゃないの?」と言われてしまいがち。心の病気ではなくて、心も影響する神経の病気なんですけど。

 

なりやすい性格はあっても、そういう性格の人がみんななるわけではありません。それは、原因は脳(心)だけではなくて、神経でつながる身体側にもあるからです。体が元気なら、免疫力がたくさんあるなら、それは発症しにくくなります。

 

そして、その性格とは、ひとことで言えば「脳を使いすぎる性格」です。

容量的にも時間的にも脳を働かせすぎる性格、つまり、ずっと脳をフル回転させがちな性格。

脳を使いすぎると自律神経の緊張も頻度が上がって、それが続くことで自律神経がバーストしてしまう、これが自律神経失調症であり、その発作がパニック症状だからです。

 

 

・頑張り屋さん(自分が頑張ればなんとかなる)

・細かくきっちりやりたい(手を抜くのがへた)

・きれい好き(洗濯は毎日しないと気持ちが悪い 毎日お風呂で体を洗わないと気持ちが悪い)

・スケジュールが埋まってないと不安

・人のこと(人の言うこと)がすごく気になる

・人にどう見られるかが気になる(自分がどうあるかをいつも気にしている)

・せっかち(結果を急いで過程を楽しめない)

・要領がいい(同時にいくつものことができると嬉しい)

 

 

今思いつくのはこんな感じです。たいていひとつではなく、いくつか重なっていると思います。

私の場合は、ひたすら自分が頑張ればなんとかなるタイプ、同時にいくつもしたがる要領よくやりたいタイプです。これで、脳を酷使して病気になりました。(もちろん体も酷使しました)

 

 

性格を変えた方がいいか?

変えれるなら変えた方がいい。病気は治りやすくなるし、再発しにくくなります。これはとても大事なポイントです。治ってもまた発症を繰り返す方も多いからです。

性格や性分はなかなかパッとは変わりません。

でも知っておくことで、意識の端に置いておくことで、小さなブレーキになると思います。そのブレーキで思考のクセを少しずつ変えていくのです。

私もだいぶん変わりました。

昔よりのんびりすることが楽しく感じるようになりましたよ。

 

 

今まで書いてきたことがぜんぜんあてはまらない人は、身体側の原因の比率が高いのかもしれません。体質的に虚弱だったり、身体を酷使する要素が多いのかもしれません。このあたりには針灸治療がとても役に立ってくれる範囲です。

でも身体を酷使することって、たいてい脳(心)も同時に酷使することが多いので、やはり思考の使い方、性格の部分は軽視できないなと思っています。

 

針灸治療やローラー針は身体側のケアはしてくれますが、思考までは変えれません。

脳(心)=思考のクセを変えていくことは自分でできること、そして自分しかできないことです。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

畑綾乃(ハタアヤノ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。