亡くなられた方にお祈り申し上げます。
その魂が安らかでありますように。

何らかの被害に遭われた方、
今、不安な状況で過ごされている方に
なるべく早く助けの手が差しのべられ、
心も身体も温かく過ごせますように。
救援活動や災害対策に奔走されている方に
さらなるサポートが送られますように。

今、いろんな場所で
心細くなっている方の心地が
少しでも安堵できますように。

この地上に
さらなる愛と、愛による保護の光が送られ、
あまねく行き渡りますように。
 

 

今、糸かけ曼荼羅を使って
お祈りさせていただきました。
この曼荼羅を経由して
さらなる愛と、愛による保護の光を
受け取っていただけます。

受け取り方
「まやさんの糸かけ曼荼羅から愛と保護の光を受け取ります」と、心の中で呼びかけてお受け取り下さい。コメントを書いて下さってもOKです。何度でもいくらでもお受け取りできます。

 

【2021/01/10追記】写真の糸かけ曼荼羅のエネルギーを更新しました。どうぞお使い下さい。

【2020/09/06追記】写真の糸かけ曼荼羅のエネルギーを更新しました。どうぞお使い下さい。

【2020/07/04追記】写真の糸かけ曼荼羅のエネルギーを更新しました。どうぞお使い下さい。

【2020/02/16追記】写真の糸かけ曼荼羅のエネルギーを更新しました。どうぞお使い下さい。

【2019/10/12追記】写真の糸かけ曼荼羅のエネルギーを更新しました。どうぞお使い下さい。

【2019/09/16追記】写真の糸かけ曼荼羅のエネルギーを更新しました。どうぞお使い下さい。

【2018/09/06追記】氷川神社にて糸かけ曼荼羅を使ってお祈りをしました。この糸かけ曼荼羅は自然の中にいると全く別物になります。無償ヒーリングの写真も差し替えました。

 

 

 

 

神社で儀式を行うとき、神様へ御神酒をお持ちするようにしています。先日、高千穂の天岩戸神社でたまたま御神酒を買っていたので、それを持参しました。氷川神社の神様はスサノオノミコトですので、姉神様(アマテラスオオミカミ)の神社の御神酒になりますね。それもきっと何かなんだろうと思いました。

 

最後におみくじを引くと「第十六番 三貴子事似兆」でした。三貴子とは、アマテラスオオミカミ、ツクヨミノミコト、スサノオノミコトの三神。「事似」とは、アマテラスオオミカミは日の神として高天原を、ツクヨミノミコトは月の神として夜の世界を、スサノオノミコトは海の神として海の世界を治めるようにイザナギノミコトから任された……という一節です。御神酒、受け取っていただけたのかもです。

 

大きな災害が続くとき、「これからどうなるのだろう」という思いが強まります。そのたびに、今、この世界にどのようなエネルギーでもって応えていくかを考えます。今回、いつもと変わらない日々がたまたまやって来ている私にできることは、いつもと変わらない心温まるエネルギーを世界へ送り続けることだと思っています。世界のありとあらゆることを感じながら、それらとも共に幸せでいること、それをいつも通り続けていこうと思っています。