皆さま

いかがお過ごしでしょうか
生活が一変して色々と考えてしまう毎日ですね、お疲れ出ていませんか

今朝もストレスからか、
川崎病にかかる子供が増加しているという記事を読みました。

今日は子供の日、可愛い子供達の笑顔で世界は溢れていることを願わずにはいられません。
時折外から聴こえてくる無邪気な子供達の声に、私もこの自粛生活救われ、安堵して過ごしています。
子供達の持つ力って凄いですね。

しかし
あまりにも座った生活が多いからか、私も動けない事の疲れが色んなところに出てきているので、家であれやこれやと工夫して、
手作りジムみたいなスペースを作ろうと励んでいます。
でもマシーンはないので、ベランダに椅子を何脚か少し距離あけて置いてS字にはしったり、、
大人になって埃をかぶってしまったような遊び心と知恵を少しづつ払い
子供の頃、物がなくても友達と工夫して遊んだ時間を思い出すように過ごしています。
あとは、
たまってしまった新聞の記事や、読めていない本に目を通し、
携帯を見る時間も長くなってきたので、使わない入れ物と置き物を工夫してくっつけて






携帯ホルダーにして視線の高さを上げてみたり、無心に夢中になる時間を探しているようです。


そして
こんな時間も
コロナと闘っている人達、
医療に携わっていらっしゃる皆さん、
報道機関、飲食業、サービス業、スーパーの店員さん、政治家の方…などなど、寝る時間も割いて考え、動いてらっしゃるのだと思いを馳せながら、
自分にもできる事は何だろうと、、
普段お仕事頂いて、こなしてと受動的になっている頭を、今、能動的に切り替えて行こうとしています。
何か動き出さなければ。

各お店のデリバリーも豊富のようで、皆さん即座に頭を切り替え行動にうつし頑張られている姿に頭が下がる日々です。

私の自炊もネタがつき、今は色んな料理家の方のレシピを覗いています。

先日は栗原はるみさんの新じゃが新玉を使った牛肉肩ロースのお料理や、







賛否両論の笠原将弘さんの紅パプリカ、あまりに簡単で美味しく出来上がり感動しています。
それこそ料理家の方って凄い遊び心と想像力ですね。
憧れます。
私も触発されたのか紅パプリカで余ったパプリカの半分に肉詰めなどしたりして、、
ピーマンないならこれで代用!







かなり荒手ではありますが、柔軟に料理の発想が広がってきております。


そして
こんな私の独り言のような文面の中でお話するような事ではないのですが、
岡江さんの事、沢山の方から、お友達だったからお辛いでしょう、、
とご心配をいただきました。
皆さん大変な中、お心遣いありがとうございます。
私でこんなに空虚ですから、
ご家族、
そして私よりもっと親しい方、ファンの皆様のお気持ちはどれほど大きな悲しみなのだろうと想像しています。
そんな強くたまった心の丈を、時々空に放ち問い抱き締めるような時間が過ぎています

これまでに両親をおくってきた私ですが、
親しくしていたお友達を突然失うことは、
何かこれまでとは違う、埋めようのない寂寥感があり、
自分でも初めての感情に驚いています。
この気持ち、役者としても忘れません。

彼女と出会ったのは私が男役の頃、
夜の舞台がはねた後の楽屋出を、当時中学生くらいだったお嬢さんとして下さっていて、
凄い人混みにまみれながら大きな声で

「 真矢さーん!真矢さーん!こっち見てー」
とお声かけて下さったのが出会いです。
宝塚を、観てくださる著名な方は多いのですが、まさか楽屋出をファンの方と一緒にしてるなんて⁉︎、、私は目を疑いました。
当時、朝の情報番組(はなまるマーケット)も始まっていたので、私も

「岡江さんですか⁈
明日も早いのに何なさってるんですかー⁉︎」

なんて、凄い人混みの中で押され進みながらの私達の会話、、もう心配やら嬉しいやらで、、
著名な方なのに、その姿はむしろ普通を楽しんでいるようでした。
そんな素敵な感性の人、
岡江さんは突然、私の目の前に現れた不思議な人でした。

それからお友達になって23年くらいでしょうか、
いつも会う時は電車のホームで待ち合わせたり、徒歩で4、5駅歩きながらお店に着くまで待ちきれなくて近況報告しあったりと、兎に角健康的に行動的で。
多分、15才から宝塚で育った私をグィーっと社会とはこんなだよ!と
荒療治だけど、夢の世界から現実を
岡江さんらしい自然な優しさと明るさで教えてくれていた気がします。
なので今、
無心に何かをしている時に、そんな彼女が言っていた言葉が一つ一つ思い出されて、愛おしい時間です。
思わず吹き出したり涙したりして、この自粛と共に私は喪に服しています。
これからもずっと、
そんな魅力的な岡江さんの事を、また色んな場で語っていきたいと思っています。

心配してくださっている皆様、ご自分も大変なときに、温かいお心遣いありがとうございます。
そして
このコロナで悲しい思いをされている皆さん大勢いらっしゃる事と思います、
私の想像をはるかに超えるお辛さとお察しします、
どうかゆっくりと元気になってくださいね。


では皆さま、
どうか無理なさらず元気でいらして下さい。
又、書きます。
                まや