先日、敬愛する医師の日野原重明先生が他界されました。御年105歳!

お亡くなりになったことはショックでしたが、最期まで現役でご活躍され、天命を全うされた生き方に、改めて敬意を抱かざるをえません。

基本的に、
「明日生きていられると思うな!俺たちに明日はない…」的な生き方をモットーとし、ハウツー本などはよほどでないと読まないわたくしですが、最近ちょっとそんな生き方に疲れてきてしまい、、
もっと穏やかに余生を過ごしたくなってきております(その心は、、怠けたい…?)。

そこで、これからの人生、わたくしも日野原先生のようにいつまでも健康で軽やかに生きていくために、先生の著書を紐解いてみることに。。。

手に取ったのは、
「生きるのが楽しくなる15の習慣」
{550FE877-450E-4CF9-9827-F42DF29EE621}

もう、タイトルから挫けそう…
15もあるん…?

自分が決めたことも2つできたらおめでとう〜〜クラッカーなわたくしが15もできるんでしょうか。。。

気を取り直して目次へ。

わたくし、ダメかも。。。

まず、ざっと見て15の習慣のうち、自分にできそうなものは3つくらい。。。
しかも、15と言っておきながら、その他のしたほうがよい習慣が60くらいある…

驚愕の多さ……!
衝撃の規律生活…!!

恐るべし、日野原先生。。。
厳しすぎ、日野原先生。。。
腹八分目より少なめは楽しくないよ、日野原先生。。。

こうなると、表紙の穏やかな日野原スマイルが憎々しく見えます。。。

そんな挫けそうな気持ちを奮い立たせ、読み進めるマジメなわたくし。

あぁ、これも無理、これもできない、こんなんできる人はそもそもハウツー本いらんでしょう、、的な、素敵すぎる内容です。

最初は落ち込んだものの、読み進めるうちに、あまりの自分のダメさ加減に、笑いが漏れてきます…。

あぁ〜、こんなふうにできたら、日野原先生みたいに、長生きして元気で生き生きと仕事できるんだろうなぁ、、、そうなりたいなぁ(この本読んで無理ってわかったけど(^^;)と遠い目をしながら、わたくし世界ではファンタジーに類する作品をようやく読み終えることができました。。。

わたくしの想像↓とはかなり異なる思想のご本でしたが、
想像では、ありのままの自分で、ぐうたらしても、なんとか頑張っていけばいいんだよ、というような内容だと思ってた (都合よすぎ(笑)!)

3つくらいは当初の予想どおり、できそうですラブラブ

やっぱり、怠けたり引きこもっててはいけないのね。。。

わたくしはわたくしらしく、

俺たちに明日はない!
いまを一生懸命頑張る!

でやっていきたいと思いますグラサン

とても良い本ですので、みなさんもよろしければお読みになってくださいね!