扉温泉 明神館・2泊目 | mayの東京日記

扉温泉 明神館・2泊目

2日目のこの日は、朝から温泉三昧。
(1泊目の様子はコチラ → )
明神館には露天がひとつ、屋内の浴場が3つありますが、いちばん有名なのが立湯。





mayの東京日記



伝わりますかね? 外の緑のすがすがしさ。
このお風呂はとっても素晴らしかった!
立湯の名の通り、立って入ると丁度よい深さのあるお風呂。
お湯の温度は熱すぎないので、ぎりぎり奥まですすんでひたすら森と渓流を眺めつつボーっとしました。






そして同じフロアにある、寝湯。





mayの東京日記




こちらは頭をのせられる部分があって、山と空を見ながら仰向けに寝るスタイルで入浴。
立湯よりも熱めのお湯なので長くはつかっていられないのですが、寝ながらのお風呂は新鮮でした。







そして、2泊目のお部屋。




mayの東京日記



無理にモダンな感じにするより、こういうお部屋のほうがこの旅館のよさが出ている気がします。




お部屋のお風呂がまた良くて、




mayの東京日記



深めの檜風呂。
お風呂につかっては奥に見えるチェアに座ってビール、もちろんやりましたよビール

極楽、極楽。





お昼を食べに松本市内まで車で出かけるも、またすぐに宿に戻ってお風呂をハシゴ。
そして夕食時が近づき、またラウンジでスパークリングワインなど飲みつつ過ごします。





この日の夕食は、"モダン和食" というのをチョイス。
前日のフレンチとは別の場所でいただきます。




mayの東京日記



このモダン和食、大正解でした!
運ばれるお食事全部を、美味しくいただきました♪
野菜が多め、季節感たっぷりで素材の使い方にひねりのある和食。
火の通し加減や、提供される時の温度などすべてに気をつかっていると思いました。
ホント美味しくて、大満足。



そしてお部屋に戻ってこの夜もDVD。
疲れていたのか、途中からウトウト・・。

翌日は松本を少しだけ観光して、東京に戻ります。
最終日に続く。