ご訪問ありがとうございますおじぎ

 

石神神社から来た道を北上しまして、私は初参拝の落立神社へ。

私が行きたいって言ったから友人には行ったり来たりさせてしまい申し訳なかったです。

 

おちたち(おちだち)じんじゃ

住所:宮崎県西臼杵郡高千穂町大字岩戸2573

こちらは天岩戸五社の一つとされている神社です。

天岩戸五社とは、宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸及び上岩戸の地区内で

地元の氏神様として信仰されている代表的な五社のことです。

天岩戸神社の他、落立神社、鉾神社、二嶽神社、石神神社を指しており、

神札や御朱印の授与、神事の執行などは天岩戸神社社務所が行っています。

入り口付近の像は「舞開き」の様子を表しています。

こちらも像に近づくと神楽の音楽が流れ始めました。

天照大神が岩戸から出てこられた際に思兼命(おもいかねのみこと)が両手に月と日を表す鏡を持ち、

この世が再び明るさを取り戻した事を祝い、舞う姿です。

夜神楽の中には岩戸開きの神話を表現した「伊勢」「柴引き」「手力雄」「鈿女」「戸取り」「舞開き」という舞があり、その最後の舞が「舞開き」だそうです。

偶然、こちらが今回の高千穂巡り最後の神社でした。

✱鳥居✱

これより参拝させていただきますペコリ

木々に囲まれた素敵な参道

 

参道を振り返ったところ

 

✱社殿✱

弘仁の頃、三田井家の遠祖大神大太惟基公(おおかみたゆうこれもとこう)が熊野三社権現を歓請下と伝え、

「若一王子大権現」と称していました。

永正五年(1508)三田井右京大夫右武(みたいうきょうだゆうすけたけ)が再建した神社で古くから子授安産と防火の神様として伝えられています。明治二年、落立神社に改称。

古老の伝えでは懐妊の女性が参拝して祈れば必ず安産するという。。

◆御祭神

伊邪那美命(いざなみのみこと)

 

御神酒を上げ、初参拝のご挨拶を申し上げ、祝詞を奏上しました。

 

本坪鈴を鳴らすのはなぜかいつも私なので譲ると

「いざなみさんだから女子でしょう」ということで、結局いつもと変わらず。。

拝殿の中の左大臣様と

 

右大臣様

 

✱本殿✱

 

✱本殿裏✱

 

 

元横綱千代の富士、元巨人軍監督の藤田元司さんの奉納版がありました。

生前いらしたことがあるのでしょうね。

✱神楽殿✱

 

また、こちらから800m奥の汐井川(しおいがわ)そばには、伊邪那美命(いざなみのみこと)が落立神社に降りられ、一晩、宿をとられた場所「立宿(たちやどり)」地区に「妙見様・子授けの涌水」があるそうです。

今回は知らなかったので伺いませんでした。気になるから次回ってことでキラキラ

 

※御朱印は天岩戸神社 西本宮の社務所でいただけます

 

ご覧いただきありがとうございました。

よろしければポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

好きです高千穂