松浦勝人の起業史 6

テーマ:

松浦勝人の起業史 5
からの続き




松浦勝人の起業からavex trax の誕生までを簡単に記してみたが、


やはり僕が言えることは、目の前にあるちょっと頑張れば手に届きそうな夢に対して、無我夢中に頑張ってきた結果、それが思いもよらない成功へ結びついていったということだ。




もちろん、ついていたのだと思うし、あの時代だからこそ、可能だったことでもある。




今、現在も僕は自分にしかできないことを探す努力をみんなに薦める。




誰でも出来る事でなく、自分に出来ないことでもなく、自分にしか出来ないことを探すことだ。

大好きなことを徹底的に追求していくこと。


生半可じゃなく誰にも負けないほどにだ。




僕はなんにも偉そうには言えない。

ものすごい運が自分に味方してくれたことも事実だ。


今の時代の中で君が君にしか出来ないこと。


それを探しそれに熱中していけば必ず何か道が開けるのではと僕は思う。




ここに書いた様なことはどこかで読んだことのある人もいると思う。

数々の雑誌やテレビで今までに取材を受けて、ライターの手により

記事となってきた。




ただ、自分が自ら自分を語ったのはこれが始めてである。




松浦勝人の企業史 終わり