公式HP


ストーリー

1952年5月6日。群馬県館林でカバン店「べにや」を営む内藤喜久男(井上順)妻・ミツ(吉行和子)の間に長女・千秋(菅野美穂・森迫永依)は産まれた。裕文(早川恭崇)雅文(丸山歩夢)智晴(加藤ローサ・櫻井詩月)と二人の弟と一人の妹を持つ千秋を、肝っ玉母ちゃん・ミツは、体当たりで育てた。何よりも健康が一番と常に山盛りのごはんを食べさせる。そんな母の遺伝子をそのまま受け継いだ千秋は、幼い頃から活発で、男の子も顔負けのチャレンジ精神旺盛な女の子に育っていった。

そんな千秋が9歳の時。弟の裕文が大腿骨の一部が壊死して骨が壊れていくという極めて深刻な病に冒されていることがわかった。その後ギプスをして不自由な生活を強いられることになった弟を見て、千秋は将来医師になることを決意。数年後千秋は、その夢の一歩として慶応大学医学部へと進学したのだった。

スキーの医学部東日本大会での優勝、そして一升飲み干すほどの酒豪ぶりなどなど、ここでも千秋は男性顔負けの武勇伝を残した。だから・・・病理学教室の解剖実習のアルバイト募集に千秋が応募してきたことを知った教室の男性たちは、一様にその評判を持ち出し驚いた。だがあらためて千秋の熱意とやる気を確認した中の一人、向井万起男(石黒賢)は、「断る理由もないし、マ、やってもらおうじゃない」と千秋を採用した。これが千秋と万起男の運命の出会いだった。

千秋は、男性たちの中でも臆することなく積極的に研修に参加。その後、当時まだ女性としては珍しかった外科医を志望し、ブラディ・ライフと言われる過酷な外科の世界へと自ら飛び込んでいった。

その後数多くの手術を経験していった千秋は、女性としては気力・体力ともに最難関とも思える心臓外科医への熱意を栗橋教授(森本レオ)に打ち明けた。患者たちの手術に精力的に参加しながら、眠る間も惜しんで技術を磨き、遂には手術室の床にじかに寝てしまうなどの武勇伝を残しながら、千秋の医師としての過酷な日は続いた

そんなある夜のことだった。千秋は帰宅途中偶然に向井万起男と出会ったのだ。意外とご近所さんだったことを知った万起男は千秋を食事に誘う。これをきっかけに二人は、千秋の得意なバッティングセンターに行ったりと、何かと行動を共にするようになっていった。

ある日、手術を終え医局に戻った千秋の目に、「宇宙飛行士・日本人第一号一般公募」との新聞記事が飛び込んできた。応募条件をすべて満たしていること、さらに今以上に視野を広げたいと思っていたことを妹の智晴に話した千秋は、早速応募を決めた。それは、千秋の新しい夢がスタートした瞬間だった。


そしてこの時、実は万起男も、宇宙飛行士公募に意欲があることを千秋に打ち明けたのだ。だが、知識よりも行動力で一歩万起男よりも勝っていた千秋は、躊躇する万起男を尻目にさっさと応募。ついには最終テストを受ける7名の中に残り、NASAで行われた最終試験の結果、見事日本人初となる宇宙飛行士三名に選ばれたのだった。毛利衛(辻義人)土井隆雄(羽根田陽一)、そして唯一の女性である千秋だった。


宇宙飛行士となる訓練を受けるため、医師を辞め宇宙開発事業団へと入った千秋の生活ぶりは一変した。有人宇宙活動室の杉本(西村雅彦)のサポートの元、気が遠くなるほどの訓練がスタート。日本人第1号を目指して懸命に訓練に励む千秋を万起男は励ましつづける。しかし、そんな時、あの大事故は起こった・・・!

まあ、裏の「花より男子2」を見なかったので、こちらを鑑賞。


向井千秋さん役に菅野美穂は美形すぎる・・・というのはさておき、当初は医者だったことにびっくり。


そして、男に負けない大食漢であり、何事もホジティブ志向なのが、千秋の魅力か?


ただ、年をかなりとっていくのに、メイクは若い菅野美穂のままというのが、ちょっと・・・


フジTVの金曜プレステージは、今まで2時間サスペンスものが多かったが、最近は実話に基づいたドラマを製作していて、非常に興味をそそる。


故に土曜のアテンションプリーズSPの番宣が入ると一気にしらけてしまう。SPを作るほどのドラマなんだろうか?


ところどころで、いろんな物が落ちている描写があったけど、あれは最後に向井千秋が、宇宙飛行士になって一番感動したのが、地球の重力という前ふり。


千秋曰く、「地面にくっついちゃう。」


普段、自分達が何気なく感じている重力。それを特別と感じられるのは、宇宙飛行士だけ。


何事にも、チャレンジしていく精神は見習うところが多かった。


別に感動する話でもないんだけど、世の中、女性の方が強いし、思いっきりもいいみたいですね。

AD

戦国時代でスポットを浴びるのは、尾張3人衆、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が有名。


その他で言えば、武田信玄、上杉謙信など。


明智光秀にスポットをあてたこのドラマは珍しい。


信長は天才。光秀は秀才。時代が違えば、光秀も天下をとれた力量と交渉術はあったと思う。


逆に信長は、光秀、秀吉を家来にもてた為、あそこまでの活躍が出来たと思う。


一般的には、信長の逆鱗にふれ、その為の謀反であると伝えられているが、本心はわからない。


案外、このドラマのような展開だったかも知れない。


それにしても、語り部がひろ子役の長澤まさみは、どこまで人気を伸ばすんでしょうか?


大泉洋も、すっかり役者になってしまって・・・


それにしても脇役まで豪華ですね。


あらすじ


時は乱世、戦国の世。各地で日々戦が繰り返され多くの民の血が流れ、農地は荒され、農民が貧困に苦しんでいたこの時代、ようやく乱世統一のため一人の武将が立ちあがった。永禄11年。織田信長(上川隆也) は、家臣の柴田勝家(隆 大介)、丹羽長秀(本田博太郎)らを伴い京に上洛。朝廷より、足利幕府の後継者・義昭(谷原章介) が征夷大将軍の命を拝されることにより、信長こそ将軍の一の家来としての絶対的立場を得ることに成功したのである。

義昭を信長に引き合わせ、京に無事入るまでの手筈(てはず)を整えたのは、明智光秀(唐沢寿明) であった。しかし、京へ入った信長らを迎えた光秀の前にしゃしゃり出て、一行の長旅の労をいやしたのは、“猿”こと木下藤吉郎(柳葉敏郎) 。のちの豊臣秀吉であった。ひょうきんにその場をなごませた秀吉の滑稽(こっけい)さは、信長らを大いに笑わせ、光秀は唖然(あぜん)。そして秀吉に怒りを覚えるのだった。光秀の婿養子・秀満(大泉 洋) は、そんな様子を見ながら義父・光秀に、「生真面目なだけでは信長に気に入られない」と進言する。

それからしばらくして、石成友通と三好長逸挙兵の報に柴田勝家が立ちあがった。このときも秀吉は、先鋒(せんぽう)の勝家を出し抜く活躍を見せ、信長の信頼を得るのに成功。信長は、秀吉に、光秀と共に京奉行を任命したのだった。心の中では軽蔑(けいべつ)さえしている一家臣にすぎなかった秀吉と並べられたことに、光秀はやるせない思いを感じる。

宴の席でもお勤めの場でも陽気に振舞う秀吉と、真面目に役目をこなす光秀の姿は対照的に写り、ことごとく信長の目にとまる秀吉の姿に光秀は、口には出せぬ不満を募らせていくのだった。そんな光秀の心の安らぎは、妻・ひろ子(長澤まさみ) と子供たちの存在であった。だがひろ子は、時折逢う光秀の眉間(みけん)に、以前にはなかった深い皺を見つけるとき、夫の置かれた立場のつらさをおもんばかるのだった。一方、そんな光秀の苦悩など知るよしもない秀吉は、おね(小西真奈美) に、光秀が優れた武将であることを話し、信長様のもと、一日も早く戦のない世の中をつくりたいと話すのだった。

1571年。信長は越前の朝倉義景を討つため挙兵した。だが、この直後思いかげない知らせが信長を窮地(きゅうち)に陥れることになった。近江の浅井長政が謀反をはたらいたのだ。信長の妹の婿である長政の謀反に信長勢は撤退を余儀なくされることになった。だがここでも、秀吉は自らの命をなげうってでも信長を助けようと、まず助からないといわれるしんがり(軍の最後尾で敵の追撃を防ぐ)を進んで申し出て、信長を無事逃がすことに成功する。京の町は、秀吉のこの見事な働きでもちきりになった。しかし本当に信長の危機を救ったのは、実は途中でひき返して秀吉に加勢した光秀だった。

この直後光秀が信長に義昭に不穏な動きがあることを知らせると、信長は先日の戦での労をねぎらう言葉を光秀にかけた。こうして、信長の自分に対する確かな信頼は得られたと光秀が確信した矢先のことだった。長浜攻めを控え琵琶湖で陣を張る信長が、光秀を密かに呼び出すと、比叡山攻めの総大将を申しつけたのだ。信長の首を狙う残党の巣窟(そうくつ)となった寺を攻めよという。仏に弓を引くとは…と光秀は再考をうながすが、信長の決意は固かった。

家族の元に戻った光秀の表情に苦悶(くもん)を感じとったひろ子は、以前光秀から贈られた小さな仏像を取り出して見せた。比叡山攻めを目前に、光秀は複雑な思いでその仏像を見つめた。そして数ヵ月後、織田軍の総大将として比叡山焼き討ちを決行した光秀は、秀吉にだけはその作戦を伝えなかった。作戦を邪魔され手柄を取られたくなかったのだ。しかし、琵琶湖の対岸の長浜にいた秀吉は、比叡山に火がつくのを見るやいなや、遅れをとってはならぬと自らも出陣を決意する。陸を走ったのでは間に合わないと悟った秀吉は、漁師たちから舟を買い上げ琵琶湖を渡って進軍。見事比叡山に辿(たど)り着いた秀吉に驚愕(きょうがく)する光秀。後ろめたさを覚える光秀に対し、とがめることをしない秀吉に、光秀は武将・秀吉の大きさを感じるのであった。

比叡山の功により、光秀は信長から近江坂本城を与えられた。ようやく家族一緒に暮らせる城を得たのである。しかし、これは束の間の幸福であった。天下布武に突き進む信長の勢いは、止まるところを知らず加速度を増していく。それに伴い光秀の運命の歯車にも微妙な狂いが生じてゆくのであった。そして、織田家と日本の行く末を案じた光秀の脳裏に、一つの考えが浮かぶのであった…。

(公式HPより)


明智光秀-神に愛されなかった男-(公式HP)

AD

4月に放送したHappyの続編。


密かにファンの相武紗季の私としては心待ちにしてました。


前回までのストーリーは


亡くなった両親の代わりに、貧しいながらも楽しく3人の幼い弟妹を世話していた18歳の女子高生・海野幸(相武紗季)。ある日突然、借金取りの桜田純二(宮迫博之)が現れ、行方を暗ました幸の兄・家康(荒川良々)の借金、2億5千万を返済するよう要求される。借金を返済できない場合、幸をソープ嬢として働かせようと迫ってきたのだ。あまりの運命の暗転に、テンションも下がりきって家に帰った幸だが、TVのニュースに思わず耳をそばたてる。それはテニスの賞金獲得ランキングのニュース。ある女性選手が、ラケットひとつで、2億5千万円の賞金を稼いでいたのだ。

幸は、翌日、桜田にテニス大会に出場して借金を返すと宣言する!!

決意を固めた幸は、高校を退学し、アドバイスを求めるため中学時代の先輩であり、名門・鳳財閥のひとり息子・鳳圭一郎(田口淳之介)のもとを訪れる。ところが、圭一郎は不在。幸のテニスの腕を確認しようと、しびれを切らした桜田が、鳳テニスクラブの看板選手・賀来菊子(夏川純)と試合をするように要求した…。誰も知らない素人が一流のプロを相手に勝てるわけがないと感じる中、強烈なサーブを放つ幸。一同が唖然とする中、圭一郎が鳳財閥取締役の母・鳳唄子(片平なぎさ)と共に戻って来た。実は唄子は、ある事情で幸のことを嫌悪していたのである。幸から、こっそりと事情を聞いた圭一郎は、母・唄子に幸の借金のことを頼み込むが、当然の如く話を聞き入れてもらえない。

ところが、若き頃、唄子と同じテニスプレイヤーで、現在は事業主同士という宿命のライバル・竜ヶ崎花江(渡辺えり子)のひとり娘・蝶子(小林麻央)のプロデビュー戦が決まる。唄子は、その華々しいデビュー戦で、蝶子、そして花江を叩き潰すため、幸を利用しようと画策するのだ。かくして幸は、テニスの大会に出場する機会を得て、賞金を稼ぐという絶好のチャンスをつかむが…。(公式HPより)

最終的には龍ヶ崎に敗れ、審判に文句を言った為、ダークヒロインになる幸。

しかし鳳唄子のめがねにかない、次なるコーチの元へ。エロコーチ、サンダー牛山が迫っていって終わりましたが・・・

今回は、

幸の前に現れた新しいコーチとは、“教え子にわいせつ行為を働いてテニス界から追放された”という噂のあるサンダー牛山(笑福亭鶴瓶)だった。幸はその牛山とともに、蝶子の出場が決まっているUSオープン予選出場権と賞金500万円のかかった大会・クレオパトラ杯での優勝を目指すことになる。

だが、牛山から命じられた練習とは、あくる日もあくる日も空き地で草むしりをすることだけ…。そんな幸を心配して様子を見にやってきた圭一郎は、どんなに苦しい状況下でもクレオパトラ杯、全米オープン、さらにはウインブルドンを目指して前向きに頑張る幸に感化され、自分もプロのテニスプレイヤーになることを決意する。

それは、鳳財閥を継ぐことを望む母・唄子への初めての反抗でもあり、自分の意思を貫いた行動でもあった。デビュー戦は、幸の試合と同日に開催される国際バッカス杯。圭一郎もまた、プロデビューに向けて猛練習を開始する…。

そんな矢先、家賃の更新料を払えずにアパートを追い出されてしまった幸は、仕方なく牛山の小屋で暮らし始めることに。やがて、草むしりをした空き地には、手作りのコートが完成する。久しぶりにラケットを持ち、コートで菊子とラリーを行った幸は自分の体の変化に驚く。

「足がすごく軽い…!!」

それは、ひたすら草むしりばかりをさせる牛山のトレーニングに不満を持っていた幸が、牛山の“意図”に気づいた瞬間だった。こうして弱点を鍛え、また、牛山との強い信頼関係を築きはじめた幸は、試合に向けて着々とコンディションを整えていくのだった。

そして迎えた、クレオパトラ杯当日。順調に勝ち進む幸に、さまざまなプレッシャーがのしかかる。さらに、牛山からの予期せぬ“八百長”の提案が、幸を大きく戸惑わせることに…。一方、万全のコンディションでバッカス杯に臨んだ圭一郎にも、ある変化が起こりはじめていた…!!

はたして2人はどうなってしまうのか?
最後に待ちうける、衝撃の結末とは!?

(公式HPより)


という事で、圭一郎はプロの壁に・・・

幸は中学時代の思い出のチョコで逆転勝利。


相手が二子山若菜、貴菜って若乃花と貴乃花のもじり?


クレオパトラ杯の方が豪華。


国際バッカス杯の方が貧祖なのはどうして?


田口君。前回より台詞うまくなったね。


鰐淵、桜田、圭一郎と幸に好意を持つ者が続出・・・


蝶子のストーカー行為と、計算したぶりっ子ぶり。前回より磨きがかかってません?


あと、なぜ吉本芸人が多いんでしょうか?


結局、幸ががんばったことで、サンダー牛山まで改心させてしまった。


一件落着と思いきや・・・


全米オープンで龍ヶ崎蝶子と海野幸が対決。


しかも、圭一郎が蝶子のコーチに!


そして、幸は不安な気持ちのまま試合を・・・


って③作る前提だねこれ。いっそ連ドラにしてくれない?


ていうか原作買って読んでみようかな?中古屋やブックオフにあるかな?




AD

第一弾の「虹を架ける王妃」は、韓国関連で朝鮮王朝にジャニーズ系の王子~?


そんな奴おらんやろ~!


って事で見なかったんですが、というか「セーラー服と機関銃」が最終回だったので。


このドラマは、「奇跡体験アンビリバボー」で取り上げた実話を元にしていることで興味を持ったのが、見ようと思った理由です。


ストーリー

冤罪(えんざい)でシベリアに強制連行された男性。彼を信じて日本で待ち続けた妻と、近くで支え続けた女性。3人の奇跡的な愛の実話を描く。村尾靖子原案、吉田智子脚本、水田成英演出。軍人だった彌三郎(阿部寛)は看護師の久子(黒木瞳)と出会い、結婚。朝鮮へ渡るが日本は敗戦する。翌年、平壌郊外に避難していた彌三郎は、突然現れたソ連兵に身に覚えのないスパイ容疑を掛けられ、強制連行される。久子は彌三郎の必ず帰ってくるという言葉を信じ、命からがら日本へと戻った。だが、互いの消息はその後不明に。彌三郎は7年で保釈されるが、スパイ容疑は晴れず、帰国のめどは立たなかった。そんな中、彌三郎は同じような境遇のクラウディア(エレナ・ステイコ)と出会い、互いを癒やし合うようになる。一方、久子は彌三郎の生存を信じ続け、半世紀の歳月がたっていた。


「トリック」が好きな私は阿部寛を見ると、「上田次郎」に見えてしまうのですが・・・

同時に仲間由紀恵がコミカルな演技をすると「山田奈緒子」に見えてしまう・・・


20代から70代まで、阿部寛と黒木瞳が演じていて、20代は無理があるだろうとは思ったけど、その後はちゃんと見れたから、まあ良しとしましょうか・・・


フジTVは泣きのツボを押さえるドラマ作りがうまいですね。


最後にクラウディアに折鶴を渡した瞬間に流れる、ビートルズの名曲「The Long And Winding Road」で、もう涙腺が緩みましたよ~!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


戦争によって過酷な運命をたどった彌三郎。クラウディアに出会わなければ、この感動話もなかったわけで・・・


と、いうかこういう埋もれた話を見つけてきた「アンビリバボー」スタッフに感心します。


彌三郎が病気で生死をさまようと、同じように久子も心筋梗塞で倒れる。お互いがお互いの運命を同調するかのように・・・


クラウディアも実際は彌三郎と別れたくなかったが、昔出会った時のただの約束を果たした彌三郎への恋心。


切ない!


戦争を知らない自分はこういった過酷な体験を知らない。それだけに、×イチだのなんなの言っている現在。半世紀もひとりの人を愛し続けることの美しさが見えました。

昔あった、日本の理想の女性像ではないんじゃないでしょうか?


阿部寛の名演技もあって、彌三郎さんの過酷な運命が描かれ、戦後酷い仕打ちを受けた敗戦国の運命を知りました。

紆余曲折があり、ようやく放送された「東京タワー・・・」。


今作を演出する予定だった、故久世光彦曰く、「これはひらがなで書かれた聖書である―」と言わしめた、リリー・フランキーの半自序伝である。


リリー・フランキーと言えば、「ココリコミラクルタイプ」に出てくる、ひげのエロ親父である。


純粋にドラマを見たが、ここまでの母子愛はマザコンとは一種違う印象を受けた。


小・中学時代はなにか懐かしさを感じたのも事実。


リリー役が大泉洋は適役かと思いました。容姿とかもしだす雰囲気がどことなく似ている。


東京という場所でも、誰にでも分け隔てなく料理を振舞う中川栄子。


自分の子供時代も、何かと近所付き合いでお呼ばれしたりしていた。


そんな古き良き時代の風習をして、みんなから慕われた栄子。


最後に夫、弘治が「いい女だった」と言ったように、よく出来た母親である。


自分の母はお世辞にもこんな損得を考えない人ではなく、欲にすぐ負ける人だった。だから尚更この母子はうらやましく思った。


雅也も最後は東京タワーに登り、オカンはオカン。とやっと母離れした感じを受けた。


栄子自体も胃の不調のころから、密かに自分が癌と思っていたんではないのかと思う。


よく出来た人ほど、なぜか早く逝ってしまう・・・


悲しいけど、遺影は笑顔を選ぶ。その人の楽しい顔をみたいから・・・


追記


D.コトー関係で二人ご出演してましたね。

弁護士 灰島秀樹

テーマ:

この作品を”踊る・・・”スピンオフとしていいのだろうか?


まあ、作品内に、室井さんの話やピンクサファイア事件との絡み、ゲーム機に”くも”とリンクをさせてはいるが・・・


沖田が出なければ、このドラマってオリジナル作品で十分。


悪徳弁護士は、冒頭の詐欺訴訟でわかるんだし・・・


まあ、キャストも他3作品に比べたらだいぶ劣っているし。


普通のドラマでした・・・


同じスピンオフでも「逃亡者 木島丈一郎」の面白さは感じられなかった。

逃亡者 木島丈一郎

テーマ:

かなり、遅れましたが、「逃亡者 木島丈一郎」を鑑賞。


木島のキャラが活きていて、知らない間に事件に関わっているというのも木島らしいなと・・・


遼との逃亡は、段々親子関係みたいになっていって(友達って言ってましたが)、立場こそ違えど、同じ境遇をもった二人なんだと。


「交渉人 真下正義」に繋がる終わり方も良かったし、爆弾処理班達もいい味だしてました。


「勘だよ、勘!」

「逃亡者は北に逃げる。」


確かに、昭和のにおいプンプンの木島でした。


個人的には、「交渉人」より楽しめました。


「クリスマスだぜ、バカヤロー!」


遼のプレゼントが、「交渉人」のラストの方のたばこの携帯に繋がっていて、スターウォーズ方式でうまくいった感じです。