教壇に立つと | 慈しまれへん‼!

慈しまれへん‼!

田中慈人
平成元年、岐阜県美濃加茂市に生まれる。
やっぱりテーマは"慈しみ"なんじゃねぇかと思う今日この頃。
​慈しみバンド / 青春ドリル

教壇って最近の小学校ではないんですよね…
色んな理由があるみたいですが。



先日、小学校の先生復活してきました。




(写真をスマホで撮っているので…)










嘘です。



いや、半分ホントです。








どういうことかと言いますと、




西宮市立深津小学校の5年生、総合の授業にゲストティーチャーとして行って来たんです。





「『深まる』11才のハローワーク」





色んな職業の話を聞いて、将来について考えたり、働くってことを知ったり、という授業だったんですが、


シンガーソングライター


として呼んでいただきました。




きっかけは7月、深津小学校の子どもたちと自然学校に行ったところからでした。
その時は田中慈人ではなく「むさしリーダー」として、子どもたちと接しました。


(補足:自然学校っていうのは、兵庫県の5年生が4泊5日学校を離れ、自然の家や民宿等で様々な活動をするもので、それをサポートする補助員はリーダーと呼ばれ、本名ではなくリーダーネームで呼び合うんです!)





そこで5日間「カモン!MINOKAMO!」で一緒に踊ったのが深津の子たちでした。

そのエネルギーはものすごく、


うぉー!!楽しい!!!
あぁ~疲れたぁぁぁぁ!!!
うまぁぁぁぁい!!!!
また雨かよぉ!!!!



とすべての活動に全力で、



最後の夜、キャンプファイヤーではみんな大号泣しながらカモンを踊っていました(笑)





この時々アップする写真も深津小の子どもが作ってくれたもの。



そんな思い出がある深津小ですが、
今回はシンガーソングライター田中慈人として子どもたちに会いに行ったわけです。




どんな仕事なの?

どんなふうに社会や人に役立つの?

どうしてこの仕事についたの?

曲作りで大変なことは?

どんなことをテーマにしてるの?

これからの夢は?







等々…



こちらがドキドキする質問をたくさんされましたが(笑)




でも子どもたちはとても真剣で、驚いたり、楽しんだりしながら話を聞いてくれました。



中身は恥ずかしいので一部だけすると(笑)




おんなじ人が、おんなじ相手に






「好き」





って伝える、その言葉も


その人の見た目、言い方、立場、環境で


全く伝わり方が変わってくるよなっていう話なんかを…(笑)




そして、最後はみんなで「カモン!MINOKAMO!」を大合唱!











今回呼んでくださった桔梗先生とも。






こうして子どもたちと話す中で自分自身考えさせられ、自覚させられ…


もう、

深津小の子どもたちよ!こっからまだまだ行くから見といておくれ!!

そして、それぞれやりたいこととかやってることは違うけど、お互い頑張ろうぜ!!!



って気持ちでいっぱいです。






本当にありがとう。










後日こんなメッセージもいただきました。




伝える力をアップさせるため、


子どもたちに恥ずかしいとこ見せないため、



明日からもやっていきましょ。




明日は寒いってよ!