人力発電

テーマ:

工場の中に、ひっそり「シェイプアップマシーン状」のものが、ココ最近出現しました。


お腹の贅肉が気になりだした社長が、こっそり作ったものだろと思っていましたが

くまでも愉しい工場見学☆ よくよく、訊いて見たら 先日から、チョコチョコ登場している『ベルヌーイの法則』体験装置のための

発電装置だそうです。



というのも、ベルヌーイ実験のために、扇風機を回して風をおこす必要があります。

その、扇風機を 自転車発電機の電気でまわして、風を発生させるという仕組みです。



くまでも愉しい工場見学☆



今日は、設計担当のオカダさんが、試作機の実験をしに来ました。

くまでも愉しい工場見学☆



オカダサンの指示のもと、幸太が組立て作業中です。
くまでも愉しい工場見学☆




くまでも愉しい工場見学☆


自転車を漕いで、どれだけ発電できるかを、確かめなくてはなりません。

と、いうことで 電圧計と
くまでも愉しい工場見学☆

電流計をセットします。
くまでも愉しい工場見学☆


そして、『トランスホーマー』なる、SF映画のロボットのような名前の装置。


箱を開けたら、どんな超合金☆合体ロボが飛び出すのかと思っていたら、

こんな、何の変哲の無い、箱状の計器が出てきました。
くまでも愉しい工場見学☆

くまでも愉しい工場見学☆
この、トランスホーマーは変圧器です。


自転車運動によって得られた電圧(今回は50V)を、大きな電圧(今回は100V)に変換させて

扇風機を回すという手はずです。



ということで、オカダさん(75歳)に自転車をこがせるわけには行かないので、幸太が、こぎます。
くまでも愉しい工場見学☆


調子よく、こぎ始めると扇風機が回り始めました。
くまでも愉しい工場見学☆

扇風機が回っている様子を、動画でご覧ください。


試運転により、発電装置側の方向性は見えてきたようです。

これから 装置側の改良をして、外装もソレらしく整えていきます。



夏休みには、灘浜サイエンススクエアで、皆さまにお目にかかれると思います。

AD