所属事務所のホームページに、経済産業省(資源エネルギー庁新エネルギー対策課)が作成・公表している再生可能エネルギー特別措置法に基づく事業者(特定供給者)と電気事業者の間の『特定契約・接続契約のモデル契約書』の解説書をこの度作成し、公表させていただきました。

経済産業省の特定契約・接続契約モデル契約書の解説

本解説は、モデル契約の各条項について、経済産業省から公表されました各資料及び私が所属する「衆議院議員階猛再生エネルギーワーキンググループ」での検討に基づく独自の解説であり、本解説が経済産業省から公表されたものではなく、同省の見解ではないことにご留意ください。



*2月13日に『再エネ特措法に基づく電力会社の契約要綱および経済産業省のモデル契約書~契約検討・許認可・各種契約・スキーム・新たな問題点・今後の展望など~』と題する講演を情報企画において行います。ぜひご参加ください。


●日時 2013年2月13日(水) 12:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん 6階中会議室
●受講料 1名39,900円(税込、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき29,400円


太陽光発電 ブログランキングへ


環境問題・保護 ブログランキングへ

セミナーのご案内

テーマ:
2月13日に情報機構において、以下の再生可能エネルギー特別措置法に関する講演を行います。

これまでの研究成果を余すところなく、お話するつもりですので是非いらっしゃってください。

『再エネ特措法に基づく電力会社の契約要綱および経済産業省のモデル契約書~契約検討・許認可・各種契約・スキーム・新たな問題点・今後の展望など~』

●日時 2013年2月13日(水) 12:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん 6階中会議室
●受講料 1名39,900円(税込、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき29,400円


1.再エネ特措法の諸論点の解説
 ・調達価格・調達期間の考え方、適用時点 ・特定契約・接続契約の拒否事由 ・設備認定をめぐる問題 など

2.電力会社の電力受給契約要綱と経済産業省のモデル契約書
 (1)電力会社の電力受給契約要綱の締結手続・問題点
   ・契約期間 ・契約変更権 ・売電債権の譲渡・契約上の地位の譲渡 等
 (2)モデル契約書の各条文の解説、修正・追加すべき条項
 (3)契約要綱についての改訂等の方向性
 (4)契約要綱とモデル契約書のどちらで契約を求めるべきか。
 (5)モデル契約書によって契約を締結した例はあるか。

3.太陽光発電をめぐる諸検討
 (1)必要となる許認可(電気事業法、農地法、都市計画法、工場立地法、建築基準法等)
 (2)関連契約(ローン契約、EPC契約、O&M契約、各種担保契約、損害保険等)
 (3)各種スキームと法的論点(倒産隔離、ファンドスキーム、信託スキーム 等)、不動産特定共同事業法の適用の有無
 (4)電力会社について更生手続が開始した場合
 (5)関連税務

4.その他の再生可能エネルギー事業(風力、地熱、中小水力、バイオマス)について必要となる許認可・課題

5.今後の再エネ特措法の動向(平成25年度の調達価格)

<質疑応答>


太陽光発電 ブログランキングへ


環境問題・保護 ブログランキングへ

ブログについて

テーマ:
はじめまして。

弁護士の渡邉雅之です。

再生可能エネルギーに関する法律に関する助言や契約書の作成を専門にしております。

詳しいプロフィールについてはこちらをご覧ください。

渡邉雅之

これから、このブログで電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(平成二十三年八月三十日法律第百八号)(「再生可能エネルギー特別措置法」とか「再エネ特別措置法」といいます。)について解説いたします。

できるだけ、わかりやすく、実務家にとってわかり易いものにする予定です。




*2月13日に情報企画において、『再エネ特措法に基づく電力会社の契約要綱および経済産業省のモデル契約書~契約検討・許認可・各種契約・スキーム・新たな問題点・今後の展望など~』と題する講演を行います。ぜひご参加ください。

●日時 2013年2月13日(水) 12:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん 6階中会議室
●受講料 1名39,900円(税込、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき29,400円



太陽光発電 ブログランキングへ


環境問題・保護 ブログランキングへ