皆さまこんにちは。

フランス・ボジョレーのシュブランさんから先週の金曜日にぶどうの収穫が終わったと連絡がありました。


2015、2016年ともSO2フリー(二酸化硫黄無添加)でのボジョレーヌーヴォーを醸造したシュブランさんですが、今年は昨年同様、ごく微量ではありますが使用する可能性があるそう。

心配していた雹の被害もなく、ぶどうの出来はとても良く完璧な収穫。
しかし春の天候不順や収穫時期の気温の高さを考慮すると、SO2無添加では品質を保たせるバランスが取れない恐れがあるため、醸造の際にSO2をごくわずか使用するかもしれないとのことです。

EUのオーガニック認証で認められているSO2の添加量は1リットルあたり18~20mgですが、シュブランさんは、さらに、ずっと少なくしか使いません。

2017年もSO2を使用しましたが、出荷の際の検査では検出されなかったほどでした。

参考:オーガニックワインの二酸化硫黄(SO2)について
---------------------------
一般的な赤ワイン:1リットルあたり350mg
EUオーガニックワイン認証:1リットルあたり100mg
---------------------------

SO2フリーではなくなりそうですが、ぶどうの出来がとてもよかったため味わいは期待できそうです。
生産者さんたちがより良いワイン造りのために日々ぶどうと向き合い、誠実にワイン造りに向き合っていることをお伝えできればと思います。



ぜひ今年もマヴィのオーガニックボジョレーヌーヴォーをお楽しみいただければ幸いです。

ボジョレーヌーヴォー早割価格受付中(11/4まで5%オフ)

 

 

今回は新しい写真がなかったので、代わりに昨年完成したばかりのシュブラン家の新しいカーヴの写真を…。

エコな建設にこだわり、よく見ると壁の断熱材も木片からできたものを使っています。

 

 

マヴィスタッフO ペンギン

 

よろしければクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ tweetbtn