アーユルヴェーダー修行 晩秋の養生 | 料理教室 Cooking Studio サロン・ド・マルルー

料理教室 Cooking Studio サロン・ド・マルルー

日本料理、西洋料理(イタリアン&フレンチ)、インド・スパイス料理、おもてなし料理の教室を主宰しています。
美味しいもの、看板犬のちびちびトイプー姉妹、習い事などの日々をつづります。


テーマ:

 

 

インド料理師匠のもとで

アーユルヴェーダー修行の最終章、今回は晩秋の養生です。

 

ヴァータの季節到来、乾燥に注意です。

私も肌がカサカサしたり、

便秘がちになったり、いろいろトラブルが起こります。

日々の食事でできるだけケアしていきたいものです。

 

 

デザートのハルワーには、

市販のサフランではなくて、

クロッカスの生花から採取したての雌しべを使うというサプライズ!

 

自分的には、ビーツチャトニがかなりヒットでした。

 

いつも家では玄米ご飯を炊いているので、久しぶりのバスマティライス。

さらっと軽い感じで食べすぎちゃいました。

 

 

手軽なものから、いろいろ復習したいです。

冬になる前にー、ですね。

 

 

 

 

もみじイチョウ サロン・ド・マルルー イチョウもみじ

 

 

料理研究家 あつこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス