こぎんワールド〜津軽こぎん刺し×デザインの研究〜 | カウル日記

カウル日記

ご訪問ありがとうございます。


テーマ:
おととい、これに行って来ました。


こぎんワールド
〜津軽こぎん刺し×デザイン〜



こぎん刺し修行中のyayoiオンニに
こぎん刺しについでにお話を聞いているうちに
その奥深さに触れて
見る目が違って来ました。




こちらの作品展、浅草は
アミューズミュージアムで開催中です。



母も誘ってレッツゴーニコニコ




{C266585A-03DF-40CB-856B-04E7D39E3609}



エントランスからやられました。


こぎんのデザインが丸い木に焼き付けてあるニコニコ



中に入ると…


{DEBEE0EB-5CB2-4174-9729-6FB031566ED3}

古作こぎん、というのでしょうか?
本物の、古いこぎん刺しが所狭しと
展示されています。


やっぱり、こういうのは惹かれます。


中は撮影自由。

ですが、あんまりネタバレになっても
つまらないので、あえて載せません照れ



古作の他、とても印象的だったことは
こぎんを様々なものにアレンジしている
ことです。

たとえば、クリスタル調のオブジェだったり
LEDかな?浮かび上がる照明だったり、
靴に刺されていたり…


しかも、それらからちゃんと
伝統的な香りがすることです。


伝統手芸を現代のものにアレンジすると
一歩間違うと、ちょっと違ったものに
なってしまうのを今まで度々目にして来ました。


母の影響もあるのか、
トラディショナルを大事にしたいと
思うので、個人的に、残念な気持ちに
なることがあります。



きっと、本来のこぎんをよく理解し、
崩してはいけないものは
崩さずにアレンジしているからなのでしょうね、
僭越ながら、そんな風に思いました。




肝心なyayoiオンニの作品、
すぐにわかりましたニコニコ

ひときわ目を惹くその作品からは
強さを感じました。
情熱というかきっぱりとした意志のような
ものを感じました。

ファブリックパネルなのですが、
我が家にも飾りたいなあ照れ
いつかオーダーしちゃおうおねがい



ほんとうにすてきな、
刺激的な展示会でした照れ



Kaeulさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス