買い場は来るのか? | 麻布十番の 元・居酒屋オーナーで現・不動産屋@でんじゃらすお兄さんのためになるブログ!?
新型コロナウイルスに関する情報について

買い場は来るのか?

最近、ちまたで大流行りのリモートミーティングに時々参加しています。

最初は要領がわからず、ひとり自室のモニターの前でへべれけに酔ったりしていましたが、だんだんテーマ性みたいなものが設けられたりして案外有意義な意見交換会になりつつあります。

「zoomの背景にしたら面白い画像」を検索したらこんなの出てきたw

 

メンツはほとんどが大家さん。

みなさんいろんな形態で大家業をしているので悩みも人それぞれ。

 

そんな中でよく話題になるのが「買い場はいつか」ということ。

コロナ騒動の余波で不動産価格が暴落する時期がやってくる、それはいつなのか、ということですね。

 

これはなかなか難しいお題です。

多いのは「1~2年後に来るので今はまだ買い場ではない」という意見。

コロナ騒動はそう簡単には解決しないし、経済も戻らないという考えがベース。

 

逆に「ワクチン開発は時間の問題。原因がコロナなのだからその原因さえ取り除かれれば解決は早い。」という考えから、そんなに落ちる前に事態は収まるのではないかという意見。

 

私はどっちかと言えば後者の考えです。

いくら緊急事態宣言が解除されようとも特効薬やワクチンが存在しない以上はまた感染者が増えてまた規制されて、の繰り返しでしょうしインバウンドの復活なんて望めません。

しかし薬さえできて地球規模で供給がされれば原因はなくなるのでかなり早いスピードで元の状態に戻そうという動きになると思います。

問題はそれまでにどれだけ経済が痛めつけられてしまうかでしょう。10カウント内に立ち上がってファイティングポーズを取れるうちにワクチンが開発されることを祈るしかないです。

 

戸建メーカーやマンション仕入れ再販事業によるバーゲンセールが起きているとも聞きますしそれによって全体相場が下がると言っている人もいますが、それは在庫処分セールであって一時的・限定的なもの。全体の相場を大きく押し下げる要因としてはまだ弱いと思います。

 

自分でお値打ちだと思う物件があったら来るか来ないかわからない買い場などアテにせず買えばよいと思いますよ。

 

応援クリックは右のアイコンをポチだよ~→→ 不動産投資 ブログランキングへ