借地に買付入れようとした話 | 麻布十番の 元・居酒屋オーナーで現・不動産屋@でんじゃらすお兄さんのためになるブログ!?

借地に買付入れようとした話

正月明けに借地権ですがどー考えても安い物件が出ていました。

 

少し前までは借地権は敬遠していました。

が、区分と大差ないかなと。地代は管理費&修繕積立金よりある意味マシだし(固定資産税払わないで済む)、自分一人の意思では物件をどーにもできないって点も同じ。まあ、共担に入れるなら所有権の区分の方が有利ですがワンルームじゃそんなに評価出ないでしょ。

 

郊外で5万以上の賃料が取れる戸建は300万以上はする。最近は地方戸建で超格安戸建でブイブイ言わせている若手が台頭していますが、相当な意志とスキルがあってこそ。

 

であれば、借地でも都内で10万円台が見込めてリフォーム込み800万以下とかで買えるなら、郊外戸建300万円台・賃料5万行くかどうかを2戸買うよりも地代を払っても効率は良いかなと。100㎡くらいの戸建リフォーム200万円を2戸やるより、小ぶり戸建1戸をリフォーム代150万のほうが間違いなく効率よい。

 

で、そんなのがあったので朝イチでTELして現調。

築古と思ったら新耐震だし、広いしきれいだし、水回りを直せば10万円台は固い。

即、現金で買付を入れようと思ったけど念のために担当者の帰社を待ち、ヒアリング。

 

えー、話違うじゃん。

妥当と思われた地代は2倍になるという。

相場が売買代金の10%と言われる譲渡承諾料は30%超え。

しかも3年後に控える更新承諾料も同程度になるという。これは高すぎる。

100歩譲って、譲渡承諾料は買う時と売る時で持ち回りみたいなもんだけど、更新料が30%超えはないな~。売買代金を追加で3年後に200万以上払うようなもの。

 

正直、旧法借地権契約においてこの地主の申し出は不当と言えるし、借地非訟(裁判)に持ち込んだらもしかしたら更新料すら払わないで済むかもしれない。ただ、こんな強欲地主と長く関わるのは面倒くさいので見送りです。

 

やっぱ借地はいろいろあるね。国有地借地ないかな~。

 

 

応援クリックは右のアイコンをポチだよ~→→ 不動産投資 ブログランキングへ