不動産関連のルールがまたいろいろ変わる | 麻布十番の 元・居酒屋オーナーで現・不動産屋@でんじゃらすお兄さんのためになるブログ!?

不動産関連のルールがまたいろいろ変わる

私が不動産に興味を持つようになってまだ10年も経ちませんが、法令って毎年のように変わる。

 

今、関心があるのは以下のもの。

 

・相続登記の義務化

・所有者不明不動産の放棄が可能に

・瑕疵担保から契約不履行へ

 

相続登記義務化については、以前から義務っちゃ義務なんですよ。ただ、案外、売却話とかが出てこない限り放置のことも多くて、これに罰則を設けるってことですね。

 

ふたつめの所有者不明の土地については「所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法」というながーい名称の法律が出来たのですが、さらに一歩進んで不動産の放棄を認める方向で議論されてます。

 

日本中のもしかしたら半分近くは手間ひまかけるほどの価値のない不動産である可能性があります。

世の中の大半の方は不動産取引には詳しくないわけで、売れるかどうかもわからない親族の不動産に手間もコストもかけたくないので相続登記せず、それが所有者不明不動産の発生につながり、しかしながら不動産の一番の特徴の「要らないからと言って捨てることができない」ために他者が活用することもできないってループになります。

この「捨てられない」部分を捨てられるようにしようってことですね。

 

みっつめの瑕疵担保から契約不履行へというのは、我々の業界的には一番の関心ごとかもしれません。

すっごく端的に説明すると、今までは買った家にある限定された不具合があるかどうかが瑕疵担保として問われてました。

しかし契約不履行というのは「こっちが買った目的が達成されない」というのが理由になるので、壊れている箇所が瑕疵担保に該当するかどうかという判断よりもずっと広義になり得るのです。

まあ、業務上は上記の対策がなされた重説や契約書の文言について所属団体(ウチはハトマーク)から指導があると思いますのでそれを取り入れますが、怖いっちゃ怖いです。

 

変化も多いのでたまには業者向けの講習会に参加してくるか~。

 

 

応援クリックは右のアイコンをポチだよ~→→ 不動産投資 ブログランキングへ