俺の戸建 無事だった | 麻布十番の 元・居酒屋オーナーで現・不動産屋@でんじゃらすお兄さんのためになるブログ!?

俺の戸建 無事だった

5月に決済して以来、見に行ったことがなかった自社の戸建物件。

そもそも、外観を1分くらい見ただけで購入。

ちまたでは「ノールック買付」発射をする人はツワモノとして扱われているようですが、私は買った後も見に行かない「ノールック購入」

本職なのに人のこと全然言えないw

 

というのは、オーナーチェンジで購入したのでどちらにしても中を見ることはできなかったし、きちんと家賃を納めてくれる入居者だったので手がかからなかったんです。

連チャンで襲来した台風のときも「造りのしっかりした家だし、電話もかかってこないから被害はないだろう」と踏んで見に行かず。

 

今日、ようやく行ったのは、購入時の約束事として定借で巻かれていた契約を普通借に切り替える作業をするため。

 

初めて入居者さんと会いました。

身寄りのない、70歳の男性で保証人なし(だってホントに天涯孤独だっていうんだもん)。

実際に話してわかったのが、緊急連絡先の人は近所の行きつけの居酒屋の店主ということw

でん兄「いまさら保証人を出せって言わないけど、ホントに身内いないの?」

入居者「はい。生涯ひとりもので、両親も亡くなりました。」

 

まあそれなら仕方ない。見た目お元気で身だしなみも小ぎれいで話し方もいたって謙虚。

せっかく来たので2階も見せてくださいということで上に上がると洗濯物がたくさん部屋干してありました。

ふむ、この洗濯物の干し方が尋常ではない。

ものすごく美しいw

いくつかのピンチに種別ごとにきっちり分類されて干してあり、洗濯物の色により同系色でまとめてグラデーションみたいになってるw

ピンチって洗濯物の重さで水平にならないと思うけど、きっちり左右の重量バランスも取ってあり完全に水平になっているw とんでもなく几帳面な人なのだと思います。

 

よくよく見ると室内はとてもきれいに掃除してあるし、とても高齢単身の男やもめというかんじじゃない。

いや、むしろ、ここまで細かいと女性も付き合いきれなかったんじゃないかな、などど余計なことまで考えてしまう。

 

まだ70歳なのにすいぶん前に免許は返納してしまったとのこと。

なんで?と聞くと、老いて他人様にご迷惑をかける前に自主返納したとのこと。

うーん、田舎暮らしでクルマのない生活は何かと不便だと思うんだけど素晴らしいお考え。

この物件、駅まで3分くらいなので電車に乗って好きなものを食べ歩いてるので不便は感じないんだそうな。まあ、駅前にデカいショッピングセンターもあるしね。

 

とてもまじめな入居者さんだったし、物件もきれいに維持されているので安心しました~。

 

 

応援クリックは右のアイコンをポチだよ~→→ 不動産投資 ブログランキングへ