めんどくさい特定建築物定期検査報告 | 麻布十番の 元・居酒屋オーナーで現・不動産屋@でんじゃらすお兄さんのためになるブログ!?

めんどくさい特定建築物定期検査報告

クルマには2年ごとの車検というモノがありますが、実は建物にもあります。

 

以前はある程度の大きさの建物だけが対象でしたが、近年になって対象が拡大され、個人大家さんレベルで所有している建物規模でも引っかかるものが出てきました。

 

項目としては、「建物本体」、「建築設備」、「防火設備」、「昇降機」とありまして、このうち昇降機(エレベーター)は毎年やってると思うんです。

が、それ以外の3項目は報告しなくちゃいけなくて、役所から提出の督促は来るけどどうしたらよいかわからず困って放置している人は案外多いと思います。

 

これを検査・報告できる資格は基本的に1級・2級建築士。

ただ、対象になっている建物はある程度の規模ということもあり、設備が木造アパートとは全然違うので2級の人はたぶんできない。事実上、一級建築士事務所に依頼することになります。

 

他社の料金を見てみると、項目ごとに設定されていて、例えば「建物本体」で4万、現地調査で3万、報告業務(窓口に提出)で2万とかで、別項目も全部足すと規模にも状況にもよりますが10~30万くらいが相場かなというところ。

 

自治体によって要求してくる書き方が異なってるし、おおざっぱなところも細かいところもいろいろで、やりにくい。郵送受付のところもあれば、すごい混んでる窓口で待たされ全ての項目をひとつひとつ対面でチェックするところも。窓口も項目ごとに異なり移動が必要で、提出だけでもうまくやらないと一日で回れない。

 

わかりづらい書類を作成して役所に提出する業務って好きじゃないし手間の割に報酬は少ないように思うけど、わりとお高い測定器具も使わないともったいないし、定期的にやらないと忘れちゃうのでお困りの方がいらっしゃいましたら相談、またはご紹介をお願いします。

 

 

応援クリックは右のアイコンをポチだよ~→→ 不動産投資 ブログランキングへ