米中貿易戦争 | 麻布十番の 元・居酒屋オーナーで現・不動産屋@でんじゃらすお兄さんのためになるブログ!?
2018-09-25 11:55:29

米中貿易戦争

テーマ:建築・不動産で再起業!

連休も終わりましたね。

不動産業界はどこもお休みで一人で頑張ってもしょーがないのでわりとゆっくり過ごしました。

 

さて、ここのところ、米中の貿易摩擦が盛り上がってきております。

トランプの強硬姿勢に批判的な人もいる様ですが、私はどんどんやれと思っています。

政治家としてはどうかと思うけどビジネスマンとしては一流のトランプ氏が中国に対して怒りを爆発させている理由は主にふたつ。

 

ひとつは貿易不均衡。中国の儲け過ぎ。

もうひとつは知財の侵害が一向に改善されないこと。

 

以前から思っていたことだけれど、中国って自国を大国といってジャイアンぶりを発揮したかと思うと、発展途上国のふりをしてみたりで、非常にあざとい国ですね。

 

人民元はもうこれだけ経済が強くなったのだから切り上げすべきだと思うけど一向にしない。こういう時だけ途上国扱いしてもらいたがる。以前、中国が有人宇宙飛行を成功させたとき、まだ日本が途上国援助していたことが国内で批判され、止めようとしたら中国にまだ途上だからと引き留められるということがありました。あれだけメンツにこだわる国民性のくせに実に卑しい考え方です。今の人民元安ドル高が原因の貿易不均衡はこうした背景があると思っています。

 

知的財産については著作権の意識の低さ(つか、無さ)は周知のことですが、中国に生産拠点を置きたい企業はその技術の共有を事実上強要され、そして盗まれ続けています。

国を挙げての行為なので民間企業が抵抗してもどうしようもない。まさに泥棒国家が堂々と存在しているわけです。これにトランプが怒りの鉄槌を下そうと立ち上がったわけです。

 

マスゴミさんはトランプを保護主義とか批判する前に、そもそも彼がなんでここまで強硬に戦う決意をしたのかを伝えるべきです。

トランプは外交的にはかなり問題のある政治家ですが、中国問題に関しては実に良いタイミングで現れた人物だと思います。

 

え?この問題が日本の不動産事情にどう影響するかって?

そんなことは川村親分にでも聞いてくださいよ。

(海外バカンス中みたいですから「でん兄が言ってた」とかメールしないように)

 

 

応援クリックは右のアイコンをポチだよ~→→ 不動産投資 ブログランキングへ

でんじゃらすお兄さんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス