2017-12-06 12:00:15

カラオケのリモコン

テーマ:建築・不動産で再起業!

なんだか忙しい日々が続きます。

 

先日、驚くようなことが起きました。

 

なんと、契約当日の2時間ほど前に、買い側の仲介からの電話で「購入予定者が契約しないと言っているのでメンゴ~w」と言ってきたのです。。

 

いやいやいや、今までもいろいろあったけど、さすがに契約日のドタキャンはなかったです。

 

今回のワタクシは元付の立場。

 

売主さん→元付仲介→客付け仲介→買主

 

という図式なので、買主のコントロールは客付けさんがやるものなのですが、どうも客付けさんが買主に翻弄されている気配があったので何度も「ちゃんと買主のコントロールできてます?」と確認していました。

 

融資についても客付けにお任せは心配だったので、融資担当者を聞き出し、直接やり取りして融資の確度をウォッチしていました。

 

詳細は語れませんが、この買主、勢いよくロン特無しの買付を入れてきたのはいいけどだんだん購入意欲が落ちてきたのでしょうね。

契約日が近づくにつれ、契約したくない一心で客付け仲介に無理難題をいろいろ持ち出してきましたが、ワタクシが助っ人になって解決してしまい契約しない理由をどんどん潰してしまいました。

で、屁理屈を並べても契約しない方向には持っていけないと思ったのでしょうか、ついに直前になってものすごくシンプルに「契約をやめる」と言い出してきたわけです。

 

すでにこの客にはムカつき始めていたワタクシ、ハンコを押させちゃえば、あとは買うか違約かという状況にハメこんだろと思っていましたが、ハンコを押す前に逃亡されては何もできません。

幸いだったのは、すぐに売主さんに他社仲介の2番手さんに連絡してもらったらまだ活きていたこと(この時点でこの案件はワタクシを離れ他決となりましたが)。

このバカ(もう客じゃねーし)の影響をほぼ受けることなく売主さんが売り抜けることができそうなので安堵しました。

 

しかし、ワタクシはコイツの名前を忘れませんからね。

とりあえず、コイツのメインバンクにすかさず電話し「コイツ、御行から融資内諾を取り付けておきながらさしたる理由もないのに契約2時間前に一方的に棄却してきたんですよ~」とチクっておきました。もうコイツはこの銀行から融資を受けられないでしょう。

 

そして投資家さんの世界は広いようで狭いのです。

もしなにかの懇親会で、ワタクシが名刺交換するやいなや、ビール瓶(いやカラオケのリモコンかw)でアタマをかち割るようなことがありましたら、拙ブログの読者様におかれましては「ああ、例のあいつだったか」と悟ってください(そしてワタクシを止めないでくださいw)

こーゆー信義に反することされると根に持つタイプですから~~

 

今日も契約、来週も契約だけど、もうトラウマだわ。。

 

今日の話が面白くてもつまらなくてもポチお願いします! 不動産投資 ブログランキングへ

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

でんじゃらすお兄さんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。