2017-11-14 12:58:13

ブツアゲ

テーマ:建築・不動産で再起業!

先日、とある物件の内見をした時のお話し。

 

内見には「現地対応」と「立会い」という2種類があります。

「現地対応」は現地にキーボックスが設置してあり、予めこちらの名刺などを送って番号を聞き出し、自分で行って中を見れます。

 

対して「立会い」は元付仲介や時には所有者も立ち会って開けてもらうので、アポ時間の調整(元付、客付け、内見希望者)が必要で面倒です。「立会い」はまだ居住中とか、残置物がたくさんある場合に多いです。

 

で、立会いの場合、元付さんと顔を合わせることになるわけですが、ワタクシ、こういう時にはなるべく会話をするようにしています。

大手不動産仲介の営業マンだと含蓄のあるエピソードや情報など期待できるはずもないのでほとんどしゃべりませんが、個人でやっているベテランさん風な方の場合、その物件の元付を取った経緯とか仕事のスタイルとか聞くといろいろ話してくれる方もいます。

 

先日会った老練な仲介さんはワタクシ同様ずっと一人でやってきており、しかも年間取扱高3億6千万を目標にし、その1割を収入として得ているとのことでした。

しかもすべて元付、というか売主としてやることが多いということでした。

ブツアゲの仕方もユニークでしたが、「でも相当な資金力がないとできませんよね」と聞いてみたところ、全部が全部自己資金じゃなくてもやれるんだということでした。その方法もあけっぴろげに教えてくれたので、帰宅後それらの方法についてめっちゃ調べてしまいました。

 

まあ要は相続物件を相続財産管理人に営業をかけて取得するという昔からある方法なんですが、その社長がペラペラと教えてくれたのはそれなりに難しいから簡単にマネをされないという自信があったからなのでしょうね。実際、調べてみると、これをコンスタントに取っていくには相当な知識と営業手腕が必要であることがわかりました。

 

「貴方、駆け出しなら早いうちにこういうやり方を身に付けたほうがいいよ。スタイル固まってからだと吸収力落ちるから」と言われました。

こういう考え方の人、そういうことを言ってくれる人、ワタクシ好きです。

 

ま、肝心の物件は、おっさんいくら利益のっけてんだよwという値付けでとても買える代物ではありませんでしたけど。

 

今日の話が面白くてもつまらなくてもポチお願いします! 不動産投資 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

でんじゃらすお兄さんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。