2017-11-09 12:40:16

私道の往来を妨げると怒られますw

テーマ:建築・不動産で再起業!

昨日、ネットニュースを見ていたら、家の前の私道を通りかかったお兄さんを自転車ごと突き倒して怪我をさせ逮捕されたじーさんの記事が載っていました。

(ん?このじーさんってあの大阪のじーさん?)と思ったらビンゴ!

(2年前の時の映像)

 

以前にもこんなニュースを見たことありましたが、ここまで基地なことをやるやつは日本中探しても案外少ない。やはりあのじじい、まったく反省していなかった模様。

 

私道といってもいろいろあります。

建築基準法上の道路であろうと誰か個人の所有地であることには間違いありません。この事件の自治体は私有地であることを理由にこの基地外じーさんの件には介入してこなかったそうな。

結局、最後に「往来妨害罪」なる罪状でお縄になっています。今回は執行猶予中だしチャリのおにーさんにけがをさせているの即逮捕案件でしたが。

 

ワタクシ、道路の種類については仕事柄それなりに知識ありますが、私道をふさいで通れなくする、あるいはそこまでいかないでも掘削を絶対に認めないこと、関所を設けることなどがどういけないことなのかはちょっと答えに窮します。

こうなると民法とか刑法になってくると思うんですよね。

 

現在進行中案件なのでボカしますが、最近も建築基準法での用語の定義と、社会通念上の定義の差異が問題になる事案があり、社会通念上の定義で論じることになると「判例主義」になってくるんですね。

こうなってくると弁護士さんに出てきてもらわないとわからないです。結果、建築基準法での用語の定義のほうが否定されたので、相手と争う場合には事前に広く意見を求めておかないと危ないなと認識させられたものです。

 

話は戻って私道の件ですが、長い間一般の方への往来に使われている、つまりみんなにふつうの道として認識されているような私道は、私有地と言えども所有者の一存で通行止めにしたり廃道にしたりはほとんどできないです。

 

ただ、私道のドンツキの土地を購入したりする場合にはそれなりの注意点がいろいろありますから、購入前に専門家に相談しておいたほうが無難ですよ~。

 

 

今日の話が面白くてもつまらなくてもポチお願いします! 不動産投資 ブログランキングへ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

でんじゃらすお兄さんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:私道にものを置くことについて

>691さん
狼さんブログ5巡はすごいな~w

はい、その通りですね。43条但し書きで特例で空地を道路扱いしてもらって建築可としておきながらその後塞いじゃったらこれはアウトです。
じーさんの道は見るからに42条2項道路なのであれは私道と言えども通せんぼはダメですね。

1 ■私道にものを置くことについて

初めまして。でん兄殿のブログは飲食店の頃から遡って拝見して勉強させていただいております。ちなみに、狼ブログは5回ほど通読して最近旅団員になることができました。

うちでもセットバック部分の私道の扱いについてちょっともめておりまして、都庁の3階や建築指導事務所、市役所に確認をしました。
43条のただし書きの道(表現が正しくないと思いますが便宜上「道」と書きます)であればものを置こうがポールを立てようがフェンスを築こうが土地所有者の自由にしてよいとのお墨付きを頂いたところです。ただし、近隣住民と私道使用の協定を締結していないと43条ただし書きの道として認定されないため建築許可は降りないと言われました。それで建物の建築後は、デン兄のおっしゃるようにあくまで民・民(民法上)の話になり、逆に42条1項道路や2項道路についてはたとえ私有地であってもその上にものを置いたりフェンスを建てたりすると排除措置の対象になるそうです。

うちは近隣との関係や私道の通り抜けに苦慮していて物を置いたりフェンスを建てたりするのを検討している立場ですので、ニュースでは扱われていない様々な事情があるかとは思いますが、ジイさんの土地が43条ただし書きの道であれば公法(建築基準法)上は自由にしていいわけですからそれで往来妨害ってのはちょっとかわいそうな気もします。

ホント土地関係は揉めるとめんどくさいですね。


コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。