2017-10-12 11:36:58

新築リスク2

テーマ:建築・不動産で再起業!

相変わらず背筋肉離れ(たぶん)はきついですが、今日からは外に出なければなりません。

こういう時に混んだ電車に乗って思わぬ方向から押されたりすると耐えきれないので、都内移動でクルマを使うのは気が進みませんが仕方ないですね。

 

さて、昨日の続きで新築リスクあるあるです。

 

ホント、新築における不測の事態というのは大小いろいろあって数え上げたらキリがないです。

 

大まかに分けると、融資のこと、法規的なこと、物理的なこと、人的なこと、でしょうか。

 

少し前にも書きましたが、更地から新築で気をつけたいのはライフラインの引込み費用です。

東京都以外のところでは給水を新規で引き込むのに加入分担金というのがかかります。1戸につき20万前後かかるので共同住宅の時には大きな金額になります。

 

あと、前面道路幅が広い、あるいは極端に狭い場合、公管がどこまできているのかをチェックすべきでしょう。

広い道路の向こう側にライフラインが埋設されている場合、道を横断して掘削して引込むことになるので全面通行止めなど大掛かりな話になってしまい、当然コストアップします。逆に超狭小道路だと前面道路には埋設管がなく、表通りから延々と私道を掘ってこなければいけないケースもあります。

ガス管などの場合、地域には供給されているけど物件の前面道路にはたまたま来ていないこともあり、都市ガスじゃないと競争力に影響する場合は不利になります。

 

地形や道路付けによっては搬入車両が入れない、揚重機が使えないなどの理由で人力による作業が増えて割増しになったりします。

 

ここまではワタクシは買付を入れてもらう前までにだいたいのことは調査しちゃいます。

 

しかし、人的なことは予測しにくいですね。

 

唯一の工事車両通行ルート上に意地悪な人がいて通らせてくれないとなると大きな支障になってきます。

うっとおしいのが、自分が元・建設業関係や設計士などちょっと事情に詳しい近隣の人が工事現場の写真を毎日撮影して法令違反や工事協定違反などを指摘してくるというケース。あまりにひどいと現場管理人だけでは対応しきれなくなります。

こーゆーのって、くそヒマなジジイが昔取った杵柄を悪用して嫌がらせをしてくるんですね。こういう、昔メシを食わせてもらった業界に対して仇で返すようなことをしてくる奴にはバットでアタマをフルスイングするのになんのためらいも感じませんw

 

普通の不動産仲介ではこれらのことを先読みしてプラスαの費用についてのアドバイスをするのは無理だと思いますので、言われなくても200万くらいの予備費は考えておきたいものですね。

 

今日の話が面白くてもつまらなくてもポチお願いします! 不動産投資 ブログランキングへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

でんじゃらすお兄さんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:☆

>ヤキモチ焼かれの脱サラ大家さん
おらの仕事の邪魔する奴はなんぴとたりとも許さねぇの精神ですw

1 ■☆

悪用して嫌がらせ、、、には、バットで頭をフルスイング♪
いい音しそーぅ(笑)。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。