2017-10-11 11:41:34

新築のリスク

テーマ:建築・不動産で再起業!

業務連絡です。

昨日、かがんだ拍子に腰がグギョッとなりそのまま床に転げました。。

腰椎でなくて、背骨の横の太い背筋の肉離れと思われます。

今日までのアポはリスケしてもらいましたが、明日から復帰できるのかしら。。椅子に長くは座っていられないのでまたベッドに戻ります。

今日のネタは書き溜めておいたものの冒頭だけ加筆しました。

 

さて、不動産投資について突き詰めていくと「やっぱ新築が最強じゃね?」ってかんじになります(諸説いろいろ承知の上)。

 

なにしろ融資が出やすい。

自分で好きなプランが一から考えられる。

客付けが有利。

向こう10年はメンテナンスを気にしなくていい。

10年後でも築10年だから売却しやすい。

いいことづくめです。

 

しかし、リスクもあります。

ワタクシ、土地探しからの新築という案件のお手伝いをよくしていますが、一番のリスクは「思ってたんと違う」ことになる可能性があることですね。

 

建蔽・容積ぎりっぎりでボリューム入れて利回り計算してたけど、見落としていた規制のせいでカタチがざっくり切り取られちゃうとか(設計士もテヘペロで済ましちゃうからすごい心臓だよなw)。

ちゃんと計測したら土地面積が減って建築面積を削ることになるとか。

 

消防関係の規制もめんどくさいですが、いろいろ動き始めてから後からアレやれコレ付けろと言われて面積は減るわ余計な費用は発生するわなんてことも珍しくないです。

 

あるいは近隣と揉めてこっちに窓付けるなとか言われて採光の関係でレイアウトをひっくり返し、床面積も減少するような設計変更とか。

 

土の中から産廃や遺跡が出てきて工事ストップとか。

 

工務店が工事途中で本性現わして悪徳業者だったとか、計画倒産で現場途中でいなくなっちゃうとか。

 

いくらでも新築にまつわる怖い話は思いつきます。

 

これらはすべて新築のリスクとなります。

ひっくり返せば、建っているもの(中古)を買うメリットは上記のリスクがないことですね。

 

これらのリスクを最小限にするためには、土地購入段階で相談できるブレーンがいることと、良い工務店(&設計士)と巡り合うことです。

これについては常に情報交換できるような投資家仲間を作ることや、ネットで善良な情報発信をしている業者(嘘つきも多いですが)を日頃から探す癖をつけておくことで解決できると思います。

 

今日の話が面白くてもつまらなくてもポチお願いします! 不動産投資 ブログランキングへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

でんじゃらすお兄さんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:無題

>だだださん
ありがとうございます。
今日から出勤ですがまだ直りません。。

1 ■無題

お大事になさってクダサイ

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。