2017-09-13 12:37:54

道路と敷地の関係

テーマ:建築・不動産で再起業!

先日、小さな雑居ビルを買いたいと書きましたが、今日はそれを例に敷地と道路付けの関係について。

 

土地の価値は道路付けで決まると断言しても構わないと思っています。

 

今回ワタクシが気に入った土地を例にしてみます。

都内のゴチャ付いたところによくある、間口が2間(3.6m)あるかないかの小さな土地です。

この手の土地で困るのが、たいていは右図のように道路付けは一面のみで、正面からアプローチするしかないのです。

間口が2間足らずで正面に出入り口を設けてしまうと、1階と2階のフロアの約1/3近くが階段で圧迫されてしまうのです。

部屋の短辺方向の内寸が2mくらいしかないと非常に使いにくいです。

ワタクシが見つけた土地は裏側にも接道があり(左図)、昇降設備はそっちにまとめることができるので、正面を間口いっぱいに使うことができます。

狭いだけにこの差は大きい。

 

道路と敷地の関係と言えば、下図のような小さな旗竿地、どっちも一緒だと思いますか?

上は路地上部分が北寄りにくっついていて、下は南寄りにくっついています。

 

建物は狭小敷地でたぶん一番効率のよいこういうタイプとします。

最近よく見る玄関・階段とバルコニーが同じ面にあるやつね。

 

上図は路地上部分からアプローチしてくると自然と北側が入口になります。下図は南側からになりますよね。

 

上の場合、北側の斜線規制と窓先空地を兼ねて北側に空地を取ればOKです。

しかし、下は北側は斜線から逃げるために空間をあけつつ、南側には窓先空地を確保せねばなりません。

 

図で見ると大差なく見えるかもしれませんが、ただでさえ狭小な敷地に0.5m2でも専有面積を大きくとりたくて四苦八苦する賃貸物件を計画するとき、この差は結構デカいです。

 

まあ、長屋で検討したり、アプローチを工夫したりでやりようはあるかもしれませんが、やはり、道路付けは北側のほうが有利だし、旗竿地でも同様に路地上部分は北側についていたほうが計画しやすいでしょうね。

 

 

今日の話が面白くてもつまらなくてもポチお願いします! 不動産投資 ブログランキングへ

 

AD

でんじゃらすお兄さんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

リブログ(1)

  • ”道路と敷地の関係”

    こんにちは今日は暑かったですね。街子は暑い季節が基本好きなので良いのですが。さてはて。今日はザギン→ザギンて何?銀座に久しぶりに行って参りました。ブログに銀座の写真を撮ろうと思ったのですが銀座界隈は誰に会うか分からない→必ず誰かに声を掛けられるんです。なので街子、銀座で写真撮りまくってる姿を見られた…

    ハウス街子

    2017-09-13 16:43:02

リブログ一覧を見る

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。