日大フェニックスOBの息子さんを持つ友人からラインが来ました
多くの人に知ってほしいとの事なのでブログにUpします

以下コピーです
↓↓↓↓↓
************************************************
こんにちは
日大アメフトが偉いことになってしまって…。
OBの保護者として微力なが何か出来ないかと。家族や友人にこうなんだと伝えて下さい。

私は日大フェニックスOBの保護者です。
今回の出来事は心を痛めるばかりです。

負傷された関学の選手には早期の回復と後遺症が出ないことを切に願います。
また、悪質なタックルをしてしまった選手には、どんな形にせよ、分別のつく年齢であり反省し今後の人生の教訓にしてもらいたいです。

しかしながら、甘いと言われるのを覚悟で書かせて頂きます。

日大フェニックスは、監督コーチの指示にNOとは言えません。
また監督コーチの指示以外のプレーはできません。

指示に従わなければ、それは「アメフトを辞める」ことになります。

アメフトをやめるということは、大学もやめなければならない状況にもなりえます。

彼は日本代表に選ばれるほどの実力の持ち主でしたが、それでも監督コーチに逆らえば試合にも出させてもらえなくなるのです。
若い彼が、あの状況で正常な判断はできなかったのだと思います。

子供が入部した際のクラブ説明会に参加したときに、内田監督が「体罰はスポーツに付きもの、うちはあります」と堂々と言い、違和感を感じました。
その一方で「酒、タバコ、恋愛は禁止です」とも言われ厳しく指導してもらえるんだなぁと頼もしくも思いました。

チーム自体は先輩後輩は仲も良くとても良い雰囲気だと思いましたが、選手の置かれている状況は過酷なもので、使い捨てのような対応で愛情を持って指導しているとは思えませんでした。

今の状況で体質が変わるなど思えません。
監督は当然ながら他の名ばかりのコーチ陣には辞めて頂きたいと思います。

間違った指導で一人の若者の人生が、そしてご家族の人生が狂わされたのです。

 監督、コーチは辞任して当然です。

とりあえずこの場を収めるための辞任で、またほとぼりが冷めたら復活しようなど言語道断です。

二度と戻ってくるな!と言いたい。

本来なら、住所、名前を出して正々堂々意見するべきだとは思いますが、子供はまだアメフトに関わっておりますので匿名で投書することをお許し下さい。

そして、日大には選手である前に学生であるこの若者の心のケアと将来のサポートをお願いしたいと思います。

*****************************

ここまでです

長文お読み頂きありがとうございました


神さまヒーリングに行ってきました
おとといの夜やっちまったギックリ腰
昨日接骨院に行って多少良くなったものの
まだかなり辛い状態での神さまヒーリング

はじめての時から風を感じるの
今日もエアコンつけてないよね?って確認しちゃった
優しい風なんだけど今までより強く?広くなった気がする
そして青龍がいた?見えた?(気がした)

それより何より驚いたのは帰り道
ほぼほぼ良くなっていたギックリ腰
実は施術中に怪しい物を見ちまった
(これも気のせい?)
腰のあたりから人の形をした物が出てきてヒューって飛んでった
あれは何?

感じ方は人それぞれみたいだけど
神さまヒーリングオススメ〜

そして今日のランチ
こんな天気のせいか空いてました


伊豆山神社

テーマ:



振り返ると…
あの時間は何だったのだろう?
帰って来てから思うのは別世界と言うか異次元にいたような気がする
山自体が神域
紛れもなく神さまと自然に守られていた
そして私たちは自然の一部だった

帰って来た日の夜
寝ようとすると目の前にあの山道の景色が出てくる
夫も同じ事を言っていた

「後を引くと言うと変だけどまた行きたくなる。呼ばれてるって感じなのかな」とも
翌日も「思ったんだけどさ魂が呼んでるのかな。アイヌとマタギだもんな」と
夫にしてはなんと珍しい事言うのだろう
夫の父方の祖母はアイヌで母方の祖父はマタギだったらしい

行ってきてからあれこれ調べてるみたいで色々と見せてくれる
そうすると改めて行きたいところもう一度行きたいところが出てくる

きっとまた行くと思う
今度はちゃんとトレッキングシューズ履いてね

ぜひ一度行って見てほしいと思う
本宮まで車で行く事も出来るみたいなんだけど自分の足で山道を行く事をオススメ

昔の人はここから十国峠を越えて
富士山まで行ったと言うから凄すぎる

当日は帰ってから腿が筋肉痛
翌日はほぼ全身筋肉痛
特にふくらはぎがヤバイ
総歩行数たぶん25000歩くらい
(24071を確認した後バッテリー切れで計測不能)
そのほとんどが泥濘んで滑るところもあるような山道けもの道・坂道・階段

普段からもう少し身体使わなきゃねぇ