衣類なら捨てれる | 松本空間工房blog
総務エノモトです。

「これ以上物を増やしたくない」と頻繁に言いだした友達がいまして、そろそろ断捨離始めないといけないお年頃なのかなと思い、本当に少しだけしてみました。

衣替えも兼ねて衣類の処分。
元々物持ちの良い方なので、20代からの服がまだ残ってます(笑)
とりあえず「痩せたら着れる」は処分。痩せません。そして痩せた頃には時代が変わってる。
「これ最近着てないけどまだ着れそう」もほぼ処分。迷った時は自身の年齢を客観的に考える…自分は良くても端から見たらイタイ婆になるので諦めよう。
そんな事を考えながら整理したらゴミ袋2つがパンパンに。
ちょっと潔すぎた?とも思いますが、まぁ大丈夫でしょう。
おかげでタンスの引出し開閉が軽くなってノンストレス。もうギュッギュ押しながら開閉しなくて良いのです。

衣類は潔く処分できましたが、趣味の物はそうはいきません。実はこれが凄い。部屋を埋め尽くす量の本・CD・DVD…そして各種グッズ。
これが処分できたら信じられないくらい部屋はスッキリするし、家の中も歩きやすくなるでしょう。
でもまだムリ。未練どころじゃなく処分するなんて気持ちが微塵も湧きません(笑)

結局断捨離といってもなかなか簡単には進まないのです。特に私のような趣味の人間は。

でも確かに物を捨てると意外に気持ちがスッキリするので、これからはあまり増やさないようにしようかな、衝動買いせず少し考えてお買い物しようかな、と思ったりもしています。