対策 | 松本空間工房blog

テーマ:
こんばんは、営業部の里です。

寒くなったり、暑くなったり、ややこしい季節の変わり目ではありますが、皆さまお身体にお気をつけてお過ごしください。

さて、大変有難い事に弊社では各オーナー様より弊社専任にて多数の入居募集をご依頼頂いております。様々な不動産業者様がある中で、お任せ頂き本当に有難い事です。

やはりお任せ頂いているからには、できるだけ賃料を下げずに長くお住まい頂ける事を第一に、日々業務させて頂いております。

その中で当然私たちも日々、様々な所から情報収集に努めさせて頂いております。

昔に比べれば関連書籍や、インターネットによる情報は本当に急激増え、現在ではほぼ借手市場と言われています。

情報量が増えるという事は、認知度が高まっている証拠だと思われます。

その中の一つの情報として、不動産関連雑誌にて【ホームステージング】という記事を目にしました。
簡単に説明させて頂きますと、売却予定・賃貸の物件に家具やインテリアでコーディネートを加え、モデルルームのように演出し、売却や入居を円滑に促すためのサービスとの事です。


当然各ご検討者様に良い印象を与える事ができ、短期間での成果を見込める事が出来ると思われます。

日本ではまだホームステージングという言葉は浸透していない様なのですが、不動産の本場であるアメリカでは当たり前に行われているそうで、ホームステージング専属の職があるそうです※アメリカは中古市場、日本は新築市場の違いはありますが。


その様な物件であれば、市場が下落傾向にある中でも値下げを最小限に食い止める効果があるとされているそうです。


当然に、賃貸の場合にはどうしても費用対効果の問題が生じます。

現時点では、専門会社も少ない様で社会的認知度が低いため、まだまだ依頼すると高額になるそうです。

といって、ご自身で行うとなれと、家具などの保管場所、デザイン力など様々な問題点が出てきます。

売却と賃貸では取引額の差もあり、様々な問題が当然発生してしまいますので、賃貸では家具自体は置かなくとも、雑貨や観葉植物など数万円程度の装飾をすることで入居率をUPした例も多数ございます。

これからは近隣のライバル物件も随時増えていきますので、お客様と弊社にて様々な案を検討し、空室対策、賃料下落対策に努めさせて頂きたいと思います。

株式会社 松本空間工房さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります