{FB4C7A0A-CC46-4948-996E-3CB65C7A7D59}
まつげ屋メソッドでつくる【オトナのマツエクデザイン】同じマツエクでも自然で上品な仕上がりでお客様にご好評いただいています


【うまいく自宅サロンのつくり方】

 

開業のリスク

開業のリスク



【うまいく自宅サロンのつくり方】


開業時、

40過ぎのおばさんで
経営知識も経験もロクになし
家族もいて
自分につかえるお金もわずかだった私は


「資金のリスク」を最小限におさえるために
「自宅サロン」で開業することに決めました。


今回はもう一つのリスク

「精神的なリスク」
についてお話していきたいと思います。


女性は感情の生き物というけれど
私もそれまでは「感情」中心で生きてきたような気がします。


感情にとらわれて、仕事やプライベート、うまくいかなかったこともたっくさん。。恥



けれど40年生きてきて、
いい加減それではいけない、
特にこれから起業してサロンを経営するのであれば、そこはうまく【コントロール】していかないといけないな、という自覚がありました。



そこでなるべく自分が
「いい感情の状態」でいられるように工夫しました。



サロンの開業し始めは
お客様もほとんど来ないことが予想されたので
「最初はこんなものだよ」と自分に理解させておく。


当たり前のことですが
わかっていても、マイナスの感情ってわいてくるものだから。


あとは
開業のし始めは売り上げもほとんどないな、と思ったので、しばらくはサロンとは別に生活費を確保できる仕事をしました。


「サロンをひらいたら、サロン一本で!」

と考えて、
今までやってきた仕事をやめてしまう方も多いようですが、現実問題、サロンを始めて初月からいきなり「ん十万」の売上が上がる・・とは考えにくい。

それに
人って、お金がなくなると
必要以上に不安になります。




お金に対してノーテンキだった当時の私でもそうなった時の感情のコントロールは難しいかもしれないとおもったのです。



開業初期って
「辛抱の時期」


サロンが軌道にのせるまでは
平常心を保ち、やるべきことをコツコツやり続けることが不可欠。


それなのに
お金がないことで
感情が乱れて「焦り」が出てしまい
コツコツができなくなってしまっては、
うまくいくものもいかなくなってしまう。


結局、サロンが軌道にのりはじめても
生活費の確保のための仕事はすぐにはやめてしまわず、しばらく続けました。


結果的に

開業初期から
【お金に心配のない状態】でいられたので
「精神的にいい状態」でサロンに関わる判断をすることができました。
 
自分のマインドの弱いところを先回りしてカバーしたのが、私の開業時の一番効果的なリスク回避だったかもしれません
 

image

 

 
 

【リンク集】築20年看板ナシ交通不便の自宅サロンでも売上が大台にのった方法❤︎

 

自宅サロンっていうとバカにされちゃうけど♡

自宅サロン、勢いで始めました~

集客はアメブロだけでやりました

身の丈にあったやり方にこだわる!!

屋号はけっこう大事でした♡

モニター期間でわたしがやったこと♡

はじめはWワークをしていました

ココがカワイイとお客様は喜びます

ターゲットとモニター料金

10ライバル出現?!アセった時にかいてみる!

11やらないことを決める!

12ストレスを感じるものはやらない

13組織図をかいて事業全体を把握する♡

14スタッフをアテにしない!

15家族との関係を大切にする♡

16私好みなお客様♡だけとお付き合いする

17あなたのたった一つできる事は専門性の高いメニューになります

18お客様はどこを見ている?選ばれるアイリストになるために

19お家で仕事。プライベートと仕事の切り替え術

20仕事も家庭も両立したい!だからこその自宅サロン♡

21スクールも行った資格も取った!じゃあその次は?

22こんなことでも無駄の省いた集客、経営ができます♡

23自宅サロン経営はウサギよりカメで♡

24あえて『待ち』の集客術

25売り上げに結びつかないことはしない♡

26スクールで学ぶには?自分でやる!と覚悟すること

27稼げるスキルを身につけたいのならば明確にしておくこと

28今何をすべきか?を知って稼げるスキルを身につける

29開業準備にやったこと♡逃げない自分になる

30私の『the開業準備期間』は実は2年もありました

31開業時のリスクを回避するために①

32開業時のリスクを回避するために②

今ここ右矢印33開業時のリスクを回避するために③

34開業準備にしたこと自分に投資して売り物の質を上げる♡