まつげエクステサロン集客の達人

まつげエクステサロン集客の達人

アメブロを使った集客に困っているまつげエクステサロン経営者の方に、実際に集客出来ているまつげエクステサロンの手法を公開しちゃいます。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
はじめまして。坂口と申します。

僕は7年ほど前から、まつげエクステサロンなどの美容系サロンや、整体院などの治療院を中心に、集客をアドバイスする仕事をしています。

守秘義務があるので、売り上げなどは公開できませんが、

中目黒のまつげエクステサロン「an」
成増のまつげエクステサロン「アイラッシュプリンセス」
恵比寿のまつげエクステサロン「nina」
行徳のまつげエクステサロン「RuRu」
表参道のまつげエクステサロン「ROVEL」
潮来のまつげエクステサロン「ルールブルー」
伊勢崎のまつげエクステサロン「ウインクル」
横浜のまつげエクステサロン「Mgrant」
用賀のまつげエクステサロン「Grace」
鈴鹿のまつげエクステサロン「LUCE」

などのアドバイスをさせていただいております。

これらの中には自宅サロンから独立して、会社設立までいった方もいます。

女性なのに社長になるくらいまで頑張れて凄いなーと感心しきりなのですが、彼女たちと接するにつれて、知りたくもない業界の現状というのを知ることができました。

まつげエクステ業界に限ったことではないのですが、たいした技術が無いのに集客できているお店というのがあります。

その反面、僕のクライアントのように、凄く技術があってお客さんさえ来れば、感謝されてリピートされるのに、そういうお店に限ってあまりお客さんが入っていないお店が多いという現実も知りました。

正直なところ、コンサルティング業を始めるまでは、単純に施術の腕が無いから集客できてないんだろうなと思っていたんですよね。

それが意外とそうでもない(僕のクライアントのリピート率は総じて高い)ということを知ったので、なんとか業界をひっくり返したいなという想いになりました。

とはいえ、僕のコンサルティングは集客できていない人にとってはそれなりに高額(3ヶ月24万円)なので、誰でも申し込めるものではないと思いますし、何より僕の体は一つなのでたくさんの人に申し込まれても受けられない状態です。

先ほど、業界をひっくり返したいという言葉を使いましたが、コンサルタントとして地味に活動していては、業界はひっくり返らないんですよね。

ここ7年で80店舗ほどしかコンサルティングすることが出来なかったように、時間的制約を考えると対面コンサルティングだけで業界をひっくり返すのは難しいのです。

業界をひっくり返すには、僕自身が露出を増やして、まつげエクステサロンの方々に無料でアプローチしていくしかないんという結論になりました。

その第一歩として、ネットで見れる無料のメール講座を作成しました。

集客というものを勉強したことが無い人にとっては難しく感じるかもしれませんが、そういう人に対しても解るように説明していますので、ぜひ集客できているまつげエクステサロンの秘密を知ってあなたのお店に役立ててください。

本気で集客したいならこちらを見てください。

テーマ:
タイトルの通りですが、2月28日(火)に僕が住んでいる柏駅のレンタルルームで、マツエクサロン向けに完全無料のワークショップを行います。

僕のクライアントには、個人店で月商100万円を超えているマツエクサロンがたくさんありますが、それらのお店が何をやっているのか、そして、それらのお店の状態に近づくために、あなたが今やるべきことをワークショップ形式でお伝えします。

4時間という短い時間なので、月商100万円を超えるために必要な全てのことをお伝えすることはできません。(そもそも“全て”となるとお店の状況によって伝えるべき内容が変わってくるので個別コンサルじゃないと無理)

ただ、月商100万円というとりあえずのゴールに向かうための、はじめの一歩を踏み出させることは可能です。

2017年に入り、早くも1ヶ月が経とうとしていますが、あなたのお店の状態は去年と比べで良い方向に向かいそうな手応えはありますか?

もし手応えがあるのでしたら、時代が読めている方だと思うので、僕のワークショップに参加する必要はないと思いますが、漠然と「このままだとヤバい」という想いを抱いている人にとっては、転機となる出会いになると思うので、お時間が合えばぜひ参加してください。

ワークショップの詳細はこちら

テーマ:
気まぐれで無料面談を実施しています。

まつげエクステサロンにおいて必須の集客ツールだと思っているうちの1つが「手書きのお客様の声」です。

こんな感じのやつ(市川市行徳駅徒歩1分まつげエクステサロンRuRuより抜粋
お客様の声

「お客様の声を手書きで貰う」というノウハウ自体は目新しいものではないのですが、貰い方を間違っている人があまりにも多いです。

特に、アンケート形式でQ1、Q2、Q3・・・って感じで貰ってしまっている人は注意したほうが良いですね。

アンケート形式だと集客に結び付く声が貰える可能性は低いので。

「じゃーどーすればいいんだ?」と悩むと思うのですが、そんなあなたのためにお勧めの書籍があります。

売れた!売れた!「お客様の声」で売れました!―極貧会社を激変させた「魔法のシート」活用法
売れた!売れた!「お客様の声」で売れました!―極貧会社を激変させた「魔法のシート」活用法

「とある九州の干物屋さんがお客様の声を集めたら集客できるようになった」という内容の本なのですが、この本はまつげエクステにも適用できます。

先ほど紹介したRuRuさんもこの本を買って実践しただけで、僕はノウハウ的なことを教えた記憶がないですから。

僕がコンサルをする人全員に買ってもらっているくらいお勧めの本なので、ぜひ活用してください。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス