おはようございます。

ミニチュア作家のいわなりちさとです。

 

作品は全国発送いたします!

工房は不定休にしていますので、いらっしゃるときはご連絡くださいね。

 

 

 

 

クリック応援お願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 松江情報へ
にほんブログ村

 

人は時にふとしたきっかけで出会った人と濃い、楽しい時間を共有します。

 

 

 

でも、ある時、いや、厳密な分かれ目はわからないんだけど、気が付くとなにかが違っていることがあります。

 

 

 

あれ、前はこんな反応しなかったなぁとか、もっとよく会ってたなぁとか。

 

 

 

気が付いた時はなんだか淋しい気がして、相手をそこはかとなく恨んでみたり、、、

 

 

 

でも、どうしようもないんですよね。

だって、自分のほうが変わってしまっているんですから、、、

 

 

 

相手もまた変わっていることが多いと思いますが、なにしろ相手のことは想像するしかないわけで、、、

 

 

 

自分が変わると周りにいる人も変わります。

 

 

 

私は今、太極舞を始め、その仲間が一番濃い付き合いになってきました。

去年の春にはなかった縁。

 

 

 

そこに入っていったら、それまでの関係は変化してきました。

一人の人間のキャパって決まってるんでしょう。

 

 

 

捨てないと入ってこないということはなんにでもありますね。

私くらい変わってしまうと、その時点でたくさんの過去を捨ててしまったということ。

 

 

 

それでも、時々、昔の縁が懐かしくて残念に感じることがあります。

 

 

 

私は誘う人だったから、誘うことがなくなれば会うことも減ってしまいます。

だから、誘えばいいんだけど、その時間がなかったり、なんとなくその気になれなかったり、、、誘っても都合が合わなかったり、、、

 

 

 

それは私が変わったということですよね。

 

 

 

淋しさはあって当たり前。

でも、それを相手に言っても仕方ないこと。相手も同じことを感じているかもしれないし、ほかの楽しいことや忙しい環境で精いっぱいなのかもしれない。

 

 

 

だから、その淋しさを抱えて、先へ進むしかないのが人生なんでしょう。

 

 

 

もうすぐ60歳になる私。

この年になっても、子どものときの感性と同じ部分は残っています。

いい意味でも、悪いというか、情けない意味でも、、、

 

 

でもね、今の仲間はとても素敵。

だから、今を大切にしなきゃね。生きるって今のこと。

 

 

 

過去を生き直せるわけでもないし、未来を今からどうすることもできませんが、今を一生懸命に生きたら、過去は変わることもあります。

 

 

 

だって、私の過去は私の想いの中にあるものだから、、、

 

 

 

だから、淋しさを抱えて、でも笑顔で今を精いっぱい生きようと思います。