コロナ第6波への備えを十分に行い、企業・経済回復と雇用機会の創出、働く条件向上と子育て支援や生活の苦しい方への支援の充実とともにエビデンスつまり証拠に基づいた政策立案を推し進め、無駄を排し、行財政改革を推進すること。決算特別委員会は最終日ですが指摘事項が相次いだ県政の現状から目を離すわけにはいきません。引き続きこの目で見て聞いて歩き回り働かせていただきます。ここまでご協力をいただきました皆様ありがとうございました。ご激励に感謝いたします。