【ジュエリー豆知識】ダイヤモンドが永遠の輝きと言われているワケ | 宝石・時計 松山 ラクセーヌ店 スタッフブログ

宝石・時計 松山 ラクセーヌ店 スタッフブログ

創業1945年 京都府下最大級の敷地面積を誇るジュエリーとウォッチ、バッグのお店です。豊富な品揃えで皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

 
 
 
こんにちは。ジュエリーマツヤマ ラクセーヌ店 スタッフの福田です。
 
本日は、ダイヤモンドが永遠の輝きと言われている理由を、
私なりに考えてお話させていただきます。
 
 
当店にも、ダイヤモンドのジュエリーを着けて来られるお客様はたくさんいらっしゃいます。
 
しかし長年ご使用になられているお客様は、ダイヤモンドの輝きが無くなっている方もいらっしゃいます。
その場合は大抵、汚れが付着しているのが原因です。
当店にあります超音波洗浄機で洗ったら、ダイヤモンドであれば新品同様の輝きに戻ります。
 
しかし、キズが入っている場合ですと輝きが弱くなります。
ですがダイヤモンドは、通常の使用ですととてもキズが入りにくい宝石でございます。
 
それは、ダイヤモンド特有の「硬さ」が理由です。
 
 
宝石のキズの入りにくさを示す、「モース硬度」という数値があります。
数値は1から10まであり、ダイヤモンドは宝石で唯一モース硬度10の宝石です。
これは、とてもキズつきにくいことを表しています。
 
キズがつきにくい=輝きを失いにくい 
ということです。
 
これが、ダイヤモンドが永遠の輝きと言われている理由だと思います。
 
 
ダイヤモンドに似ている石として、キュービックジルコニアがございます。。
キュービックジルコニアはモース硬度8~8.5であり、比較的高めですがダイヤモンドよりは傷つきやすい石です。
実際にキュービックジルコニアを長年使われているお客様のジュエリーを洗浄したこともありますが、
汚れは取れて綺麗にはなりますが、小キズは入っているのでダイヤモンドのような新品同様の輝きは得られませんでした。
 
 
 
キュービックジルコニアは安価で買いやすいお値段で販売されていますが、
永くジュエリーをお使いになりたい方、
お子さんやお孫さんにご自身のジュエリーを将来引き継ぎたい方には、
私はダイヤモンドをお勧めしております。
 
お値段はそれなりにしますが、
永くお使いいただけるモノですので
お買上げされた方も、
永くお使いの方も、
とても満足していらっしゃいます。
 
皆様もぜひ、ダイヤモンドのジュエリーをご覧くださいませ。
 
 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

『ジュエリーマツヤマ』インスタグラムを開設しました星

 

ぜひ ご覧いただければ幸いです爆  笑